タイトル画像

How to

  • いいね

海外の子供部屋に学ぶ!オープンシェルフで見せるおもちゃ収納

OriOrinco

インテリアアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

子供が小さなうちは、家の中におもちゃがいっぱいあってスッキリ片づかないことってありますよね。

我が家も小さな子供がいるので、まだまだおもちゃがたくさんあります。

そんな子供のおもちゃを、少しでもスッキリ、可愛く見せる収納を教えます!

オープンシェルフ

ずばり海外の子供部屋を拝見してもよく出てくるのが、オープンシェルフ。

オープンシェルフを取り入れることで、おもちゃも取り出しやすく、使わないときはそのままディスプレイできるので、こどもの可愛いおもちゃをインテリアの一部として取り入れることが出来ます。

我が家が購入したのはニトリのサラです。

同じようなオープンシェルフはIKEAや、アイリスオーヤマなどからも出ています。

シェルフの下のほうは、子供の身長でも手が届くので、よく使うおもちゃを置いています。

オープンにすることで、『お片付けしようね』と声をかけると、自分で棚まで持って行ってくれます。

本来は本棚として使うものなので、棚の高さも自由に決めることができ、それぞれのおもちゃの高さに合わせることが可能です。

オリジナルで世界に1つのシェルフに

我が家の場合はホワイトを選びましたが、海外の子供部屋ではオープンシェルフを好みのカラーにペイントしているのをよく見かけます。

部屋の雰囲気に合わせてグレーにしたり、ピンクにしたり…ひと手間かかりますが、その分更に可愛くなること間違いナシです!

まとめ

いかがでしたか?

オープンシェルフを取り入れて、おもちゃ達にもそれぞれ部屋を作ってあげることで、子供も自分でお片付けしやすい環境になります。

また、こどものおもちゃはかわいいデザインのものも多いのでそのままディスプレイできるのも良いですね。

みなさんもお部屋の雰囲気に合わせて、オリジナルシェルフを作ってみてくださいね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想