タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【夏バテ・連休】疲れた時には掃除をラクして乗り切ろう

おそうじペコ

掃除研究家・掃除ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!掃除研究家おそうじペコです。

暑い毎日が続きます。暑さ疲れから夏バテや夏風邪、また時期的にワクチン接種後の副反応などで体調が不良になる方も多いと思います。そうはいっても夏休みやお盆休みで、家族が家にいる分掃除を全くしないわけにはいきません。

◆便利アイテムに頼ってラクしよう

体調の悪い時の掃除はしんどいものです。そこで少しでも掃除の負担を軽くするために便利アイテムを上手に使っていきましょう。私がおススメするアイテムと使用方法のコツをご紹介します。

◆水回り、拭き掃除に!何でも使えるペーパータオル

拭き掃除には「スコッティファイン洗って使えるペーパータオル(日本製紙クレシア株式会社)」がおすすめです。

吸水性、速乾性もある万能タオルです
吸水性、速乾性もある万能タオルです

くり返し使えてすぐ乾く

強度があるため、洗っても破れず数回使えます。汚れがついてもすすげば落ち、速乾性もあるため乾拭きから水拭きまで大活躍します。

上手に使う順番

ふきんを洗う手間が省けます
ふきんを洗う手間が省けます

まずはキッチンで使用します。食器拭き、調理台、食卓の拭き掃除、コンロ回りの拭き掃除などに使用します。吸水性があるので、洗面台の拭き掃除にも最適です。

次にリビングの家具やテーブルのホコリ掃除に使います。やわらかくデコボコした表面なので、乾拭きすると細かいホコリもとれてサッパリします。
※テレビやパソコン画面など傷つきやすい場所には使用できません。

最後は2つにカットしてトイレ掃除に使います。1枚はタンクやフタ、もう1枚は便器など拭き掃除に使って破棄します。

キッチン・洗面所→リビング→トイレまたは床掃除 ときれいな場所から汚れやすい場所へ下ろしていけば1枚を無駄なく使うことができます。基本的に使い捨てタオルなので気楽に使用でき、雑巾・フキン洗いなどから解放されます。

◆床掃除はワイパーにお任せ

重い掃除機をかけるのは大変です。床掃除は軽くて使い勝手のよい伸縮ポール付のワイパー類にお任せです。

場所によってサイズをわければラクラク

汚れやすいトイレの床、ワイパーならひざをつかず手軽に掃除できます
汚れやすいトイレの床、ワイパーならひざをつかず手軽に掃除できます

ミニサイズのワイパーを用意しておけば、トイレの床や洗面所など狭い場所の床掃除もかがまずラクにできます。

粘着ローラーも上手に使って

フローリングワイパーでは取り切れない重いゴミや、散乱しやすい毛髪類、ソファにつくペットの毛などは粘着ローラーを上手に使います。

野菜や食品クズが落ちているキッチンの床はワイパーより便利
野菜や食品クズが落ちているキッチンの床はワイパーより便利

伸縮タイプの柄ならキッチンや洗面所もワイパー感覚で立ちながら使うことができます。
一度ラグの上に軽くころがしてから使うと床にはりつきにくくなります。

◆お風呂場掃除はシャワーと柄付きブラシがあればよし

掃除の中でも苦手な方が多いお風呂場掃除は、特に夏の暑い時期は大変です。洗剤とスポンジで丁寧に掃除するのは今の時期お休みして、浴槽とピンポイントで汚れた部分だけをざっと洗うだけでよしとしましょう。

柄付きブラシを上手に使おう

フワフワタイプの柄付きブラシなら狭い場所も洗うことができるので、洗面器や水栓周りなど気になる部分だけを軽くこするだけで汚れが落ちます。

浴槽掃除の上手な落とし方

浴槽につく湯アカは一度お湯でゆるめれば落ちやすくなります。まず、ぬるま湯で浴槽内全体にシャワーをあてます。ゆるんだところで、柄付きブラシで汚れをこすり落とします。水位線(青い点線部分)、汚れがたまりやすい四つ角(矢印部分)などを意識してこすると効率よくきれいになります。

最後に水圧を強めにしたシャワーで落ちた汚れを洗い流すと、洗剤がなくても湯アカがきれいに落ちています。

◆掃除のタイミングも大切

夏の掃除は(特にお風呂場掃除やトイレ掃除)汚れたり、汗や水でぬれてしまうのもストレスです。お風呂やシャワーに入る前の数分を簡単掃除時間にして、さっとやってお風呂でリフレッシュするようにすると小掃除がはかどります。

家事の優先順位の中で、食べること(食事)、着ること(洗濯)に比べて掃除は下位に入ると思います。体調が悪い、暑さで体力が下がっている時は特にそうです。
そんな時期は頼れるアイテムを上手に使って簡単に済ませましょう。気になる汚れは後回しにして、まずはゆっくり休むことが大切です。

シェア

いいね

コンテンツへの感想