タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

なぜ電話や来客の応対で「お世話になります」と挨拶してはいけないのか

太田章代

研修トレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

仕事の場で、何度となく使われる挨拶といえば、「お世話になっております」です。

社会人経験が長い方にとっては、あまりにも日常的に使っているので、改めて考えることがない言葉かもしれませんが、新人にとってはそうではありません。私が講師を務めた研修の場で、新入社員から「お世話になっていない方にも、『お世話になっております』と挨拶していいのですか?」と質問されました。

さて、改めて考える「お世話になっております」の意味や使い方とは?混同されがちな「お世話になっております」と「お世話になります」の使い分けについても、ご説明します。

「お世話になっております」とはどんな意味?

「お世話になっております」とは、どのような意味でしょうか。

相手に対して、「面倒をみていただき、ありがとうございます」が、本来の意味です。「相手への感謝の気持ち」を伝える言葉なので、さらっと流さず、感謝の心を込めて口にしましょう。

初対面で「お世話になっております」を使ってもいい?

では、「お世話になっております」は、どのような相手に対して使うのが適切でしょうか。

感謝を伝える言葉なので、今までに取引があり、面倒を見てもらっている相手に対して使います。ですので、初対面の相手には使いません。初対面の人には「初めまして」と挨拶しましょう。

新入社員にとっては、出会うお客様全員が「初めまして」の状態です。しかし、会社として取引がある相手には、初めて会ったお客様にも「いつもお世話になっております」と伝えてから「初めまして、私○○と申します」と名刺交換をしましょう。

電話の応対では、すぐに取引先かどうかわからない場合も少なくありません。ですので、どの相手にも「お世話になっております」と挨拶をします。

もし相手が個人として初対面であっても、担当者の変更があっただけで、会社とは既に取引がある場合は、「お世話になっております」を使います。

「お世話になっております」「お世話になります」の使い分け

「お世話になっております」と非常に似た言葉で、同じように仕事上でよく使う挨拶に「お世話になります」があります。使い分けは、以下のように覚えましょう。

●「お世話になっております」…【現在】面倒を見てもらっている相手に使う

例:「平素よりお世話になっております。◯○社の△△と申します」

「いつもお世話になっております」


●「お世話になります」は、【今後】面倒を見てもらう、初対面の相手に使う

例:「この度はお世話になります」

「新しく窓口を担当いたします××と申します。今後ともお世話になります」

電話や来客応対のときには、既にお世話になっているのか分からない事が多いものです。よって「お世話になっております」を使っておけば、失礼はないでしょう。

「お世話様です」は使わない方がいい

もう一つ、似た挨拶に「お世話様です」があります。こちらも、よく見聞きする言葉ではないでしょうか。

しかし、こちらは使い方に注意が必要です。

「お世話様です」は、感謝の言葉ではありますが、仕事上の評価やねぎらいの意味も含んでいますので、目上の人に対して使うと失礼に当たります。使わない方が無難でしょう。

まとめ

「お世話になっております」は、仕事の場においては、「こんにちは」と同じようによく使われる挨拶です。

電話でも来客でも、応対した相手が既に取引しているのか、それとも新規の方なのか判別がつかない場合もあります。そんな場合は、ひとまず「お世話になっております」と伝えれば、相手に不快な思いをさせることはありません。

しかし、「とりあえず言っておくだけ」にならず、その意味をしっかりと把握して、感情を込めて伝えることで、相手とのより良い関係をつくっていきたいですね。

アイキャリア株式会社

研修トレーナー太田 章代

------------------------------------------------------------------

太田章代の『ビジネスコミュニケーション術』

公式Youtubeチャンネルはこちら

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。