タイトル画像

ピエール中野監修のワイヤレスイヤホン「ピヤホン」が音質・装着感ともに素晴らしい

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

通称「ピヤホン」と呼ばれるワイヤレスイヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」を愛用しています。

凛として時雨のドラマーであるピエール中野氏が監修したワイヤレスイヤホンで、音楽家が作ったイヤホンだけあって、聴きやすい音質なんですよね。

僕が使っているのはちょっと前のモデルなんですが、この1年ほど使ってきて気に入ってるポイントなどをまとめてみました。

音の分離の良さ

購入時にTwitterなどで情報収集していた時に「いままで聞こえなかった音が聞こえるようになった」という声をよく目にしました。

僕が実際に使ってみた時に最初に感じたのは「音の分離の良さ」なんですね。音の奥行きとか配置がくっきりしているイメージです。この分離の良さによって、他社のイヤホンでは気づかなかった音に気づけるようになったのかなと。

長時間の使用でも疲れにくい

長時間の使用でも疲れにくいのも特徴の一つ。

高い音とか低い音とか、特定の帯域をブーストしすぎてないんだと思います。迫力を出すために低域を押し出したり、きらびやかさを出すために高域をブーストさせると、それが疲れる音になっちゃうんですよね。

疲れにくく、それでいて元の音楽の良さを引き出すために、いい塩梅の帯域を足したり引いたりしてるんじゃないかと、僕は推測しています。

カナル型イヤホンで装着感もよく、耳の形によってつけ心地が変わるということもなさそうです。

USB-Cで充電可能

個人的には、充電器兼イヤホンケースにUSB-C端子がついてるのが嬉しいところ。

普段よく使うケーブルなので、家の充電スポットにて手軽に充電ができます。

こちらが充電器兼イヤホンケースにピヤホンをしまったところ。

側面にUSB-C端子がついています。

「有線ピヤホン」なら安価で購入しやすい

「Hi-Unit HSE-A1000PN」もピエール中野氏監修のイヤホンで、こちらは有線ではあるものの価格が1,700円とかなり安いです。

無線ピヤホンと有線ピヤホンを比較すると、共通するのは「これまで聞こえなかった音が聴こえてくる」こと。重厚感というよりはスッキリ感があります。

音の方向性としては、きらびやかな高域が出ていながらそれでいてキンキンしないことも共通点で、有線ピヤホンの方がややドンシャリ寄りという印象です。

金額差があるのでもちろん無線ピヤホンの方が良い音ですが、1,700円という金額を考えると有線ピヤホンはかなり優秀。気になってる方はこちらから試してみるのもありだと思います。

シェア

いいね

コンテンツへの感想