タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

デロンギのコーヒーメーカーはコロナ禍で最も満足度の高いアイテム

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コロナ禍で外出を控えるようになって、最も買ってよかったと思えたのはデロンギのコーヒーメーカーでした。

ハンドドリップで淹れることもありますが、コーヒーメーカーはやはり手軽ですし、カフェラテやカプチーノなどを淹れるのも簡単にできるため、満足度がものすごく高いと感じてます。

デロンギのエスプレッソマシン「マグニフィカS」

我が家で使ってるのは「マグニフィカSのECAM23120B」というモデルで、コーヒーメーカーというよりはエスプレッソマシンです。

このマシンの特徴でもある「カフェジャポーネ」というドリップコーヒーに近い淹れ方もできるので、エスプレッソを作る機械ではあるものの、コーヒーメーカーと呼んでも間違いではない製品です。

操作は簡単で、こちらのボタンを押すだけ。エスプレッソをシングルで淹れるかダブルで淹れるかなどを選ぶだけという手軽さです。

左側にあるこのノズルでスチームミルクが簡単に作れます。

マグニフィカSは掃除も簡単

この手のコーヒーメーカーは作るのは簡単だけど掃除が面倒と思いがちですよね。僕自身、日頃のメンテナンスが面倒になって使わなくなるんじゃないかと思ってましたが、完全に杞憂でした。

本体下部の受け皿部分を引っ張るとこんなパーツが出てきます。

毎日の作業としては、これをバラして洗うだけ。

コーヒー豆の受け皿にはラップを敷いておくことで洗うのが超簡単になります。

マグニフィカSで淹れたコーヒー

ワンボタンでエスプレッソのシングル(60cc)が入ります。エスプレッソの表面に「クレマ」という油分がしっかりと浮いてくれてます。

カフェラテ用のスチームミルク、もしくはカプチーノ用のフォームミルクを作るのもあっという間です。スタバなどで淹れてるところ見るとわかると思いますが、あんな感じです。

そうやってできたカプチーノがこちら。お店でいただくのもおいしいですが、自宅だとコーヒー豆の自由度も高いですし、エスプレッソとミルクの割合を微調整できるので、好みの味で飲めるのが嬉しいところ。

カフェジャポーネは先ほども少し触れたようにハンドドリップで淹れた風なコーヒーで、エスプレッソをお湯で薄めたアメリカーノともまた違った、飲みやすいコーヒーです。ワンボタンで200cc出てくるので、たっぷりいただきたい時におすすめです。

自宅でおいしいコーヒーが飲みたい方におすすめ

エスプレッソを自宅で淹れるためにはエスプレッソマシンが必要になりますが、値段も性能もピンキリなので迷いますよね。

マグニフィカSはとにかくめんどくさがりの方におすすめです。技術も知識も要らず安定しておいしいコーヒーを飲むことができますし、メンテナンスがとにかく簡単でおすすめです。

ハンドドリップはハンドドリップでおいしいので豆を挽いて淹れたりしてますので、またの機会に普段ハンドドリップで使っているアイテムをご紹介しますね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想