タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

キーボードはApple純正「Magic Keyboard」が使い勝手良い!テンキーがあるとより便利!

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

僕はMacBook Proを使いつつ、外部のキーボードを使っています。サブディスプレイを使ってるとキーボードを別途用意した方がいいケースって少なくないんですよね。

キーボードの種類は豊富な中、Apple純正の「Magic Keyboard」を使っています。しかもテンキー付きです。

これの使い勝手がすごく良いのでご紹介します。

テンキー付きのMagic Keyboard

僕が使っているのはテンキー付きのMagic Keyboard。最近販売終了してしまったスペースグレーのモデルです。

現在はシルバー(キーボード部分が白いモデル)のみ販売してますが、使い勝手は変わりません。

上から見たところがこちら。MacBook Proがスペースグレーなので、色を合わせたかったのでこちらにしました。

時系列的に前後逆になりますが、箱を開けたところがこちらで、ケーブルも色を合わせて黒なのが嬉しいところ。

充電はLightningケーブル

箱の中に入っていたのはLightningケーブル。ワイヤレスで使うため充電用でもありますし、例えばiMacやMac miniを購入したばかりの時には設定ができていないため一旦ワイヤードで接続するのにも使うことができます。

Lightningケーブル用の端子はこちら。

正直USB-Cの方が使い勝手良いなとは思うものの、iPhone使ってるとデスク周りにLightningケーブルを置いてあることも多いので、人によってはLightningの方がありがたいかもしれないですね。

充電は1ヶ月ほど持ちます。そんなに頻繁に充電しなくていいのが助かります。

JISキーボードのボタン配置

JIS配列に慣れているので今回もJISキーボードをチョイスしました。

USキーボードへの憧れもあるんですけど、JISキーボードの方がリターンキーが大きいんですよね。これが使い勝手良いなと感じてます。

MacBookのキーボードと違い、右下にoptionボタンとcontrolボタンが。使用頻度は低そうですけども。

肝心のテンキーはこんな感じ。一般的なテンキーの配列なので使いやすいです。またカーソルキーがでかいのもありがたいですね。

執筆に没頭するならテンキーは必要ないかも

テンキー付きのキーボードを使ってみて感じたのは、キーボードの右側にマウス・トラックボール・トラックパッドなどを置いて作業しようとする時に、テンキーの幅分だけ遠くなるということ。

こんな具合にキーボード右側にMagic Trackpadを置いた場合、これまでよりも持っていく手のストロークが伸びたのが若干ストレスです。

慣れたら大した問題ではないんですが、キーボードとトラックパッドの間の往復を1日どのくらいの回数やるのか次第ではありますよね。

書き物をする際にはテンキーを頻繁に使うことはないので、執筆作業中心の方にはテンキー付きモデルは向かないかもしれません。

テンキーがあって便利だと思った時

僕が使っていてテンキーが便利だと感じたのは、まず「経理業務などで数字を打つ時」です。

執筆時に数字を打つのであればキーボード一番上の列の数字キーで問題ないんですが、ひたすら数字だけを入力していく作業ではやはりテンキーが助かります。

それと「Logic Pro Xのショートカットキーを割り当てた時」にも使い勝手が向上します。

Logicに限らず、DTMやる場合にはテンキーがあるとかなり操作感変わってくると思いますよ。

シェア

いいね

コンテンツへの感想