タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

Apple純正「Magic Trackpad 2」が使いやすい!MacBookとの併用も便利!

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

MacBook Proを使っているものの、サブディスプレイを併用していてMacBook Pro自体を手元に置いてないため、キーボードとトラックパッドを別途用意して使っています。

他社製のキーボードやマウスなどを使う選択肢ももちろんありますが、なんだかんだでApple純正のMagic KeyboardとMagic Trackpadがしっくりくるんですよね。

Magic Trackpad 2

僕が使っているのはこちらの「Magic Trackpad 2」のスペースグレー。つい最近この色は販売が終了してしまいました。現在はシルバー(という名前だけど見た目はほぼホワイト)のみ。使い勝手は変わらないですけどね。

トラックパッドを使うことでMacの様々なジェスチャを使うことができるのが便利なんですよね。マウスでもマウスジェスチャを設定することで便利に使うことは可能ですが、Mac純正のアイテムでMac純正の操作をするっていうのが良いんですよ。

箱を開けたところがこちら。Magic Trackpad 2の本体とLightningケーブルが付属します。本体のカラーであるスペースグレーに合わせて黒のケーブルなのが地味に嬉しいです。

というわけで、こちらがMagic Trackpad 2の本体です。

ひっくり返すと、裏面にはアップルのロゴマークが入ってました。

初代Magic Trackpadも持ってましたが、Magic Trackpad 2から「感圧タッチトラックパッド」に対応したので、改めて購入したというわけです。

トラックパッドの操作感

MacBook Proを愛用しているので、トラックパッドの操作にはもちろん慣れてます。なので、使い慣れている人の感想であるということをご了承ください。

MacBook Proからそのままトラックパッドの部分を取り出したようなサイズ感で、使い勝手はほぼ変わりません。カーソルが指の動きにしっかり追従してくれますし、押し込んだときのクリック感というか、感触が気持ち良くて使いやすいです。

最初のうちは下記の写真のように、キーボードの右側に置いて使ってましたが、結局MacBookと同じ配置の方がしっくりきたので、今では「キーボードを奥に、トラックパッドを手前に」置いて使っています。

充電はLightningケーブル

初代Magic Trackpadは単三電池で駆動しましたが、Magic Trackpad 2は充電式です。

本体奥側にLightningの端子がありますので、Lightningケーブルを挿して充電します。

充電時間はそんなに長時間必要ないですし、充電切れそうになったらMac側で通知を出してくれるため、急に使えなくなってしまうようなことはありません。

充電できるだけでなく、ワイヤレス接続がうまくいかない場合にワイヤードで使うこともできます。

純正のキーボードも最高

Apple純正のキーボードもすごく使いやすくて、特にテンキー付きのキーボードは僕の環境にあってるなと感じてます。

キーボードについても記事を書いてますので、詳しくはこちらをご覧ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想