タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

初めてコーヒードリッパーを買うならメリタのドリッパーがおすすめ!

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コーヒードリッパーを買おうと思った時に、空いている穴の数や大きさが違っていてどれを買ったらいいのか分からないという方も多いと思います。

様々なメーカーから様々なタイプのドリッパーが出ている中、最初に買うなら「メリタ」というメーカーのドリッパーがおすすめです。

メリタのドリッパーがどんなものなのか、そしてそのドリッパーがなぜ初心者向けなのか解説していきます。

メリタのドリッパーは穴が一つだけ

メリタのドリッパーの特徴は、コーヒーが出ていく穴が1つしか空いていないこと。

穴が1つしかないことで抽出に時間がかかります。そうするとコーヒー豆とお湯が触れている時間が長くなるため、濃いめに抽出されるんですね。

他のドリッパーでは豆とお湯が触れる時間を調節するためにお湯を注ぐ量や時間をコントロールする必要があるんですが、メリタのドリッパーでは一定の速度でお湯を注いでいくだけでもしっかりと濃い目に抽出されるんです。これが初心者におすすめしたい理由です。

メリタのドリッパーを使って何回かコーヒーを淹れてみると、味の安定感が分かっていただけると思います。多少お湯を注いでいる時間がブレた程度では味はブレません。大体美味しいコーヒーを淹れることができちゃうんですよね。

メリタのドリッパーでコーヒーを淹れてみる

実際にコーヒーを淹れる手順がこちらです。

マグカップ、もしくはコーヒーサーバーにドリッパーをセットし、お好みの量のコーヒー豆をセットします。

少量のお湯を落として、30秒程度コーヒー豆を蒸します。

ここからは簡単で、一定の速度で円を描くようにお湯を落としていきます。先の細いケトルを使って途切れないくらいの量を落としていくイメージです。

蒸らしたのち2回に分けてお湯を注ぎましょう。

淹れ方で味をコントロールしたい場合は他社のドリッパーがおすすめ

逆に言えば、安定して淹れることができるが故に、気分によって味のコントロールはしにくいです。

今日は濃い目に淹れたいとか、あっさり目に仕上げたいとか、そういった味のコントロールをしたい方は、他社のドリッパーをおすすめします。

僕はカリタのドリッパーも持ってますが、他にもコーノとかハリオなどが有名です。

もちろんメリタのドリッパーでも豆の量やお湯を落とす時間を調整するなどすれば味は変わりますが、その振れ幅や安定感の違いであると思っておいてください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想