タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

カメラの「純正バッテリー」「互換バッテリー」の違いとどっちを買ったら良いのか

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

僕はCanonのカメラを使っていまして、Amazonや楽天などでCanonのバッテリーを買おうと思って検索すると、めちゃめちゃ安いバッテリーが出てきます。

よく見るとCanon製品ではなく全然知らないメーカー製だったりするんですが、この「互換バッテリー」というものがメーカー純正のバッテリーと比べてどうなのか、そしてどちらを買った方が良いのか、僕なりの見解をまとめました。

純正バッテリーと互換バッテリーの違い

下記の写真の左がCanonの純正バッテリー、右が互換バッテリーです。

どちらもCanonのカメラで使うことができるものの、純正バッテリーの方がバッテリー持ちが良く、互換バッテリーはバッテリー持ちが良い場合と悪い場合の当たり外れがでかいです。

使い続けるほどに差が出てきて、充電・放電を繰り返していくと互換バッテリーの方がヘタりやすいです。

純正バッテリーの金額はメーカーによって様々ですけども、Canonの「LP-E6N」であれば7,000円ほどとちょっと高め。予備を含めて3,4個買おうと思うとそこそこの金額になります。

対して互換バッテリーは1,000円台で購入できたりします。充電器に互換バッテリーが2本ついて3,000円以内の製品などもありました。

これだけ安いと互換バッテリーでもいいかと思ってしまいますよね。

というわけでまとめるとこういうことです。

  • 純正バッテリーは持ちが良いけど金額が高い
  • 互換バッテリーは金額は安いけどヘタりやすい

純正バッテリーと互換バッテリー、どちらを買うのが良いか

メーカー純正のバッテリーを買った方が当然良いのですが、先ほど紹介した通り値段が高いのがネックです。予算の都合で安い互換バッテリーを買わざるを得ないこともあると思います。

バッテリーが急に切れてしまってもゆっくり交換する時間があるような撮影であれば、互換バッテリーを使っても問題ありません。

自宅でテーブルフォトしか撮らないとか、旅行先でスナップ撮りたいとか、ゆったり撮影できるのであれば純正バッテリーに拘らなくても良いのかなと。

逆に、仕事で使うのであれば絶対的に純正バッテリーをおすすめします。

急にバッテリー切れした時に交換している余裕がないということも多いですし、交換したばかりのバッテリーがもう充電切れということもあり得ます。

個人的には、互換バッテリー付きの充電器を買ってみて互換バッテリーを試してみつつ、純正バッテリーもその充電器で充電するっていうのがおすすめです。失敗しても後悔するような金額じゃないので。

純正バッテリーを謳った偽物に注意

カメラに詳しい友人から聞いた話なんですが、Amazonなどではメーカー純正バッテリーを謳った偽物を販売しているケースがあるようです。互換バッテリーよりも悪質ですよね。

それを避けるためには、ちゃんとしたカメラ専門店であったり、大手家電量販店で販売しているものを購入するのが良いとのこと。

もちろん店舗で買わないといけないというわけではなく、ネットショッピングだとしても販売元を確認した上で購入した方が良いということですね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想