タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

9V電池用バッテリーコネクタでコンパクトエフェクターがより便利に!

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ギター・ベース用のコンパクトエフェクターペダルは、ものによってはバッテリーで動くものがあって、電源がないところで使えて便利だったりします。

特に歪み系のエフェクターでは電池切れ直前の音が良いと言われていたりしますよね。

ただ、最近は本体内にバッテリーを入れるスペースがないことがあるんですが、そんなエフェクターにも9Vの電池を接続できる「バッテリーコネクタ」というアイテムが便利だったのでご紹介します。

MONTREUX Battery Plug 9V

僕が使っているのは「MONTREUX Battery Plug 9V」という商品です。こちらはサウンドハウスで購入しまして、他のショッピングサイトでは見かけませんでした。

こちらのアイテム、サイトによって表記ブレがあったため正式名称を調べてみたんですが、「バッテリープラグ」「バッテリークリップ」「バッテリーコネクタ」など、どれが正式名称か分かりませんでしたので、この記事では「バッテリーコネクタ」で統一します。

購入した時のパッケージ。安価な製品だけあって簡素なパッケージです。

バッテリーコネクト先端に9Vの電池をつけるだけなので、使い方は超シンプルです。

ご利用の際には「9V」「センターマイナス」の条件で動くエフェクターかどうかご確認ください。

歪みエフェクターでの使用がおすすめ

冒頭にも書きましたが、歪みエフェクターは「バッテリー切れが近い9V電池を使うことで枯れたいい音が出る」と言われています。

正直僕はアダプター使っちゃう方なので歪みエフェクターの枯れた音っていうのは実際に試したわけではないんですが、結構いろんなところでこの話聞くんですよね。

最近のエフェクターは小型化が進んでで本体内にバッテリーを入れるスペースがないものばかりですし、そんなエフェクターでバッテリーを使いたい場合にバッテリーコネクタがおすすめです。

アダプターを使わないことでセッティング時間の短縮に

アダプターを使わないことで、セッティングが楽になります。

先日友人のライブに1曲だけゲスト出演しまして、歪みとディレイの2つのコンパクトエフェクターだけの軽装セッティングにしました。

これだけでもかなり転換は楽なんですが、さらに転換時間を短縮したくて、アダプターではなくバッテリーコネクタを使うことにしました。

僕が愛用しているオーバードライブペダル「Morning Glory」に使ってみたところがこちら。隣にチラッと見えてるディレイペダルもバッテリーで動かしてたので、セッティング超楽チンでした!

アダプターがないだけで思った以上にセッティングのストレス軽減しますね。ケーブルが1本少ないだけでかなり楽に感じました。

パソコン周辺機器もケーブルレスな機器が増えてケーブルがないことに慣れてきたこともありますし、次はギターワイヤレスの導入もありかなと思ってます。

シェア

いいね

コンテンツへの感想