タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

楽曲制作が捗る!MASCHINE MK3でフィンガードラム始めました!

大谷大

ウェブデザイナー/ミュージシャン

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

DTMやってる人であればお馴染みのパッドコントローラーをついに購入しました!

鍵盤があれば十分だと思ってましたけども、やっぱりドラムの打ち込みにはパッドコントローラーが最適だなと思い知らされましたよ。

フィンガードラムを始めたい方にはぴったりの一台なので、どんな感じなのかざっくりレポします。

NI MASCHINE MK3

僕が購入したのはNative Instruments社のMASCHINE MK3。

こちらが本体です。

付属品は各国の電源に合わせたアダプターとUSBケーブルのみとシンプル。

USB-Cじゃないのが残念ですが、アダプターかまして使ってます。

本体サイズが思ったより大きく、机の上に置いてみるとなかなかの圧迫感がありました。

フィンガードラムを始めたことで楽曲制作スピードが向上

冒頭にも書きましたが、ドラムの打ち込みに最適で、僕の制作環境にはドンピシャでハマりました。

鍵盤でドラムを打ち込むことももちろん可能なんですけども、鍵盤の配列がドラムを叩くのに向いてなくて叩きにくいんです。また、強弱の表現もつけにくくて、思った通りのニュアンスで打ち込めなくて。

そんな鍵盤のデメリットをパッドコントローラーは埋めてくれました。叩きやすくて、強弱のニュアンスも、リズムのヨレもつけやすいです。

特に作りやすく感じるのは跳ねたリズム。マウスでぽちぽちと打ち込むよりも圧倒的に楽チンです。HIP HOPでパッドコントーラーが愛されてる理由がよく分かります。

制作スピードが上がったこともメリットですが、シンプルに叩いてて楽しいです!ギターを始めた頃のワクワク感があります。

MASCHINE MIKRO MK3を選ばなかった理由

もう少し小型のMASCHINE MIKRO MK3という製品もあるんですが、こちらを選ばなかった理由にも触れておきます。

まず一つは、パッド以外のコントローラー部が省略されていて、特につまみ型のコントローラーがついていなかったこと。フィンガードラム以外にもシンセのパラメーターをいじるのに使いたかったので、つまみ型のコントローラーが欲しかったんですよね。

もう一つは、MASCHINE MK3に付属するソフト「KOMPLETE SELECT」がMASCHINE MIKRO MK3にはついてこないこと。このソフトは上位バージョンへのアップグレードを安く購入するのに必要なため、本体+ソフトにお金を払うとしたらMASCHINE MK3の方がコスパ良いなと判断しました。

また、ネット上の情報によると叩き心地も結構違うそうで、パッドコントローラーとしてMASCHINE MK3の評価が高かったことにも背中を押されましたね。

動画でも解説してます

MASCHINE MIKRO MK3以外にも候補があってそれを選ばなかった理由や、初めて叩いたときの映像などを動画にまとめてます。

こちらを見ていただくとよりフィンガードラムがどんなものか分かっていただけると思うので、お時間ありましたらチェックしてみてください。

初めてのフィンガードラム!MASCHINE MK3を買った理由と候補となった機種まとめ

https://youtu.be/UkTfK7k0vBc

シェア

いいね

コンテンツへの感想