専門マスター

「ジョンクーパーワークス クラブマン」に試乗しました!歴代MINI最強の走り

おつぽんTV/Otsupon TV

三度の飯より車が大好き!

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※車の情報を配信しております。フォローよろしくお願いします※
「ジョンクーパーワークス クラブマン」に試乗しました!(2017年発売モデル)
・〈価格〉は約500万円と最上級グレードに位置し、MINI・クラブマン・の中で最速の走行性能とゴージャスな装備のモデルです。
・〈内装・外装〉
エクステリアにはスポーティな専用エアロバンパーが備わり、
フロントグリルを横断する赤のラインがスポーティーさを強調しています。
赤いルーフカラーはジョンクーパーワークスだけが選択できる専用色となっています。
インテリアもレーシーでスポーツステアリングには「John Cooper Works」のロゴが入っています。
・〈シート〉赤のステッチを施された「ダイナミカレザーコンビネーションスポーツシート」は、ホールド性が高いです。
シートバックには「John Cooper Works」のロゴが付いています。
・〈ラゲッジスペース〉は容量360リッター。リアシートを倒すと1250リッターの大容量収納が可能です。
・〈エンジン〉最強のエンジン直列4気筒2リッターツインパワーターボエンジンを搭載し。231psを発揮します。
出力やトルク、ブレンボ製の強力なブレーキ、サスペンションの強化など、クラブマンで最もスポーティな走りを楽しめる仕様にチューニングがされています。
・〈駆動〉ALL4と呼ばれる四輪駆動システムを搭載
・〈タイヤ〉はランフラットタイプの「ピレリPゼロ」で、サイズは225/35R19。専用デザインの19インチアロイホイールが標準採用されています。
・〈ヘッドアップディスプレイ〉は、セットオプションの「INTERIORパッケージ」に含まれていて、速度計・回転計・ナビの情報などを表示できます。
・〈走行モードの切り替え〉シフトレバーの根元にあるリングで、切り替えます。
「SPORT」「MID」「GREEN」という3つの走行モードがあり、左に回すと「SPORT」・右に回すと燃費を重視した「GREEN」に切り替えることができます。
・〈乗り心地〉乗り心地は硬く、後部座席も、広いのですが乗り心地は重視されていません。

走る喜びを追求し、ゴーカートフィーリングを楽しむためのモデルなのですね!

2019年5月には改良型が発表されました。
新エンジンも、2.0Lの4気筒ですが、最高出力は大幅に引き上げられ、306psに達しました。
それにより、これまで製造されてきたミニのモデルの中で、最もパワフルなクルマとなりました。

ミニ・クラブマン・ジョンクーパー・ワークスのスペック
全長:4253mm
全幅:1800mm
全高:1441mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.9秒
燃費:13.4km/L
CO2排出量:169g/km
乾燥重量:1565kg
パワートレイン:直列4気筒1998ccターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:306ps/5000−6250rpm
最大トルク:45.8kg-m/1750−5000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

2019年モデルにも試乗してみたいです!

========================
旧車〜新車 軽自動車〜スーパーカーまで、いろいろな車の情報や
ドライブスポットなどをUPしていきますので、フォローをよろしくお願いいたします。
========================
フリーBGM
「We Were Like That 」
・楽曲提供:Kohdai Aoyamaさん
・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/
・甘茶の音楽工房
・H/MIX GALLERY 秋山裕和さん
・Final Cut Pro X
・楽曲提供:Production Music by http://www.epidemicsound.com
========================

…続きを読む