専門マスター

「BMWアルピナ」は東京モーターショーに連続皆勤出展の、手作りハイエンドモデル製作の会社です!

おつぽんTV/Otsupon TV

三度の飯より車が大好き!

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※車の情報を配信しております。フォローよろしくお願いします※(東京モーターショー2019)
アルピナは、東京モーターショーが初開催された1987年の初出展以来、
17回連続皆勤出展を続けています。
日本は、アルピナにとって大切なお客様なのです。
生産台数は、年間最大1600台ほどですので、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、
54年にわたるBMWとの深い協力関係があり、
マニュファクチャラーとして認められてるためBMWの保証も受けられます。
また、BMWとは資本関係を持たず、独立しているからこその自由な提案のできる自動車会社として、根強いファンを持っています。

今回、独アルピナでは、新型「B3セダン」が世界初公開され、「XD4」は日本初公開されました。
・新型「B3セダン」は、現行モデルG20型「BMW 3シリーズ」ベースで、
 最高出力462PS・リッター直6ツインターボエンジン搭載の4WDモデルです。
 パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.8秒、最高速が303km/h
 価格は1229万円、2020年秋の納車開始を予定しています。
・「XD4」は、3リッター直6クアッドターボエンジンを搭載し、最高出力388PS、最大トルク770N・mです。

アルピナの歩み
1965年にドイツで設立、キャブレターの開発からスタートし、レーシング・チューナーとして活動していました。
その後、BMWのクルマをベースにした高度なエンジニアリングとハイ・エンド・モデルの製造を行うようになりました。
歴代のBMW各車をベースに、手作りの丁寧できめ細かな技術をもって、極めて高品質・高性能な車を作り続けています。
このように作り上げられた車両は、アルピナ固有の車体番号が刻印されますが、
BMWのネットワークを通じても販売される「BMW社とのパートナーシップ」という独特の販売形態が取られています。

E12型「BMW 5シリーズ」をベースにした「BMWアルピナB7ターボ」が初めて日本に上陸してから、
今年(2019年)はちょうど40周年となります。

========================
旧車〜新車 軽自動車〜スーパーカーまで、いろいろな車の情報や
ドライブスポットなどをUPしていきますので、フォローをよろしくお願いいたします。
========================
フリーBGM
「Arrow 」
・楽曲提供:Kohdai Aoyamaさん
・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/
・甘茶の音楽工房
・H/MIX GALLERY 秋山裕和さん
・Final Cut Pro X
・楽曲提供:Production Music by http://www.epidemicsound.com
========================

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る