専門マスター

新しいトヨタミライ【MIRAI 】は何を目指して、どう進化してゆくのか?インタビューしました!

おつぽんTV/Otsupon TV

三度の飯より車が大好き!

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※車の情報を発信しております。フォローよろしくお願いいたします。
・2014年12月に世界初の量産FCVとして
「環境性能」を追求した「水素で走る燃料電池車(FCV)」初代ミライ(MIRAI)が発売されました
・2020年内には、次期モデルが欧州市場で発売される予定です
開発最終段階モデルのミライコンセプト(ほぼ、この状態で市販化)の開発の方にお話を伺ってきました

「かっこいい車を欲しくて買ったらそれがたまたまFCVだった!」
という驚きをめざしていらっしゃるとのことで
確かに色も形もスタイリッシュでカッコ良くなりました!
内装もカッパー(銅)のメッキでエレガントな高級感を出したり
デジタルの液晶画面、イルミネーション、アシンメトリーなデザインで未来感が演出されています

【現行型との違い】

「外観」→一回り大きく、スタイリッシュに!
 ・ボディーサイズは 全長×全幅×全高=4975×1885×1470mm
 ・ホイールベースは2920mm
 ・20インチの大径タイヤを履きます
  現行より、全長は85ミリ長く、全幅は70ミリ広く、ホイールベースは140ミリ拡大し、全高は65ミリ低くなりました
  大きくなった事で、
  水素タンクの搭載量を現行より約1kg増やし、航続距離を3割り増しにします
  そして、乗車定員が現行の「4人」から「5人」に増えました
  全高が低くなった事で、スポーティーで、スタイリッシュな外観になりました
  また、新規開発された「フォースブルーマルチプルレイヤーズ」は、深く力強いブルーで目に鮮やかです

「走り」→後輪駆動、FR、楽しい乗り味
  駆動方式駆動方式を、「前輪駆動」から「後輪駆動」へと変更したことで
  後輪駆動らしい、スポーティーでエレガントな走りを実現し
  重心を低くしたことで、機敏なハンドリングを追求しました
  ワインディングロードや高速道路など、すべての速度域で力強い走行性能を発揮します

「航続距離」→現行より距離30%アップ予定 
  ガソリン車と比べると、燃料価格、充填時間、走行距離は、ほぼ同じぐらいです
  航続距離は「FCスタックの性能向上」や「搭載水素の拡大」などで、現行モデルの約30%伸びるそうです 
  課題は、水素ステーションを増やし、インフラを整える事。
  そのためにも、水素自動車の台数を増やしていきたいとのことでした

「水素社会の実現」をめざし、ミライは、進化し続けます!

(現行ミライの試乗動画はこちらです)
https://creators.yahoo.co.jp/otsupon/0300035256

========================
旧車〜新車 軽自動車〜スーパーカーまで、いろいろな車の情報や
ドライブスポットなどをUPしていきますので、
フォローをよろしくお願いいたします。
========================
フリーBGM

・楽曲提供:Kohdai Aoyamaさん
・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/
・甘茶の音楽工房
・H/MIX GALLERY 秋山裕和さん
・Final Cut Pro X
・楽曲提供:Production Music by http://www.epidemicsound.com
========================

…続きを読む