専門マスター

新発売・日産「キックス」内装編・日産グローバル本社ギャラリーで見てきたよ!SUVも電気で走る時代へ!

おつぽんTV/Otsupon TV

三度の飯より車が大好き!

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※車の情報を発信しております。フォローよろしくお願いいたします。
新発売の日産「キックス」の
前回の外装編につづきまして今回は内装編です。

【グレードのちがい】
2種類のグレードの違いは「室内カラー」と「シート・ステアリングヒーターの有無」で金額は110,000円の差があります。
「X」は、シックで落ち着いたブラッック貴重の内装カラーをしており
「Xツートーンインテリアエディション」は、オレンジタン&黒のツートンの内装と「前席ヒーター付シート&ステアリングヒーター」が装備されています。
「前席ヒーター付シート&ステアリングヒーター」は、メーカーセットオプションで55,000円で「X」にも装備できますので、
「室内カラーの差」は金額にすると55,000円と考えられます。

【室内空間】
・座席の高さは、セダンより高くミニバンより低いため、乗り降りが楽です。
・全長が4300mm以下のコンパクトSUVですが、後席の足元もゆったりしていて荷室容量も大きく、ファミリーカーとして十分な広さです。
・シートは、マットスプリングタイプのゼログラビティシートを採用。座り心地がよく、ドライバーの疲労度を軽減します。
・荷室は、大型のスーツケースなら2つ、9インチのゴルフバッグも3つまで積載できます。
 また、後席背もたれ上にある、可倒レバーを引っ張るだけでカンタンに背もたれを倒して、シートアレンジすると、長い荷物も載せられます。

【サイズ】
サイズ長4,290×幅1,760×高1,610mm
室内 長1,920×幅1,420×高1,250mm

【メーター類】
ドライバーが必要とするさまざまな情報をグラフィカルに表示。
大型のスピードメーターと一体化することにより、ドライバーの目線移動を極力抑え、安全運転をサポートします。
快適なe-POWERドライブを叶えるため、シフトノブの周囲にe-POWERモードスイッチをはじめ、プッシュパワースターターやEVモードスイッチなどを配置し、操作性を高めています。

【eパワー】とは
1.2Lガソリンエンジンは発電用としてだけ使用し、
70kW/26.5kg-mを発生するモーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。
・発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力による、パワフルな加速。
・モータードライブならではの静かな走行音。
・充電のいらない電気自動車という独自のシステム。
・ワンペダルでの走りを選択でき、アクセルとブレーキの踏み間違いを防止できます。
・滑らかなドライブフィーリングで、動力性能、静粛性、燃費において優れています。

【プロパイロット】とは
・インテリジェントクルーズコントロールで
先行車のいる場合は、車速に応じた車間距離を保ち走行し、
先行車が停止したときは、ストップし、
先行車が発進したときは、ステアリングスイッチのRES+スイッチを押すか、アクセルペダルを踏むと、再び追従走行を開始します。
先行車がいない場合は、セットした車速で定速走行します。
・ハンドル支援
白線をモニターし、車線中央付近を走行するようにステアリングを制御し、運転者のハンドル操作を支援します。

【アラウンドビュー】
メーカーオプションのアラウンドビューは是非ほしい機能
「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」+「インテリジェントルームミラー」(セットオプション6万9300円)で
他メーカーとは違い、ナビだけでなく「インテリジェントルームミラー」にもアラウンドビューを映し出すことができます。

キックス外装編
https://creators.yahoo.co.jp/otsupon/0300072344

========================
旧車〜新車 軽自動車〜スーパーカーまで、いろいろな車の情報や
ドライブスポットなどをUPしていきますので、
フォローをよろしくお願いいたします。
========================
フリーBGM
「Arrow」
・楽曲提供:Kohdai Aoyamaさん
・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/
・甘茶の音楽工房
・H/MIX GALLERY 秋山裕和さん
・Final Cut Pro X
・楽曲提供:Production Music by http://www.epidemicsound.com
========================

…続きを読む