専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【ラヴフォー5Dアドベンチャー2022】 は山岳救助のための装備とテクノロジーを詰め込んだスゴイ車!

おつぽんTV/Otsupon TV

三度の飯より車が大好き!

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「RAV4 5D ADVENTURE 2022(ラヴフォー5Dアドベンチャー)」は
「何が何でも【命】を救い出す!」をテーマとし、
山岳救助のために作られたコンセプトカーです。(公道走行不可・販売予定無)

<有事の際>
・悪天候でヘリの飛べない時に、
・確実に・安全に・過酷な現場へ突入し
・いかに救助者の近くまで行けるか!を重視した車両で、
・現場に到着後には、車が「救助作戦本部」となるべく最新のテクノロジーが装備されています。
・一刻を争う救助活動を、最大限サポートができる技術を詰め込み、
・想定されるさまざまな場面に対応できる工夫が満載なのです。

<主な装備&特長>
・山岳地帯の悪天候時の走行に耐える外装と足回りをもち、
・安全な地形を読み取って走行できる、LiDAR(レーザー測距装置)を搭載。
・視界の悪い天候でも、AR機能で、LiDARで読み取った地形をウィンドウに映し出すので、
 隊員はその情報を元に山岳地帯の最深部へ進んでいくことができるのです。
・LiDAR(レーザー測距装置)、カメラ、照明などの各種装備を
 自由にレイアウトできる「脱着可能なキューブユニット」として、クルマやドローンに装着して使用できます。
 もちろん取り外して人が持ち出してもOKです。
・クルマの天井部にはドローンがセットされており、
 クルマではこれ以上奥に行けない場合、ドローンの出動を促すアラートが起動し、
 クルマのステアリングとアクセルペダルでのドローン操作が可能となります。
・ドローンが救助者の所へたどり着くと、GPS発信機付きのファーストエイドキットを投下し、
 そのGPS情報を頼りに、隊員は徒歩で救助に向かうことができるのです。
・メーター、カーナビ、スマートフォンさらにはドローンの各デバイスが
 クルマや隊員同士と連携し、情報共有が可能となる「インターフェイス」
・山岳救助隊が、救助地点で着替えをするという決まりを考慮し、
 取り出しやすさと収納力を強化した「アウトサイドストレージ」
・救助装備を素早く取り出すことが可能な拡張型積載アイテム「マキシマムベース」
・救助者を乗せたストレッチャーをそのまま積載可能にした「フルフラットシートアレンジ」
・クルマのデッドスペースを有効活用する意味で、外側にも収納スペースを追加し、
 汚れたものや匂いのキツイものなどの、
 車内への持ち込みが躊躇されるような汚物を外側の収納に入れることもできます。

豊田自動織機は
トヨタグループの一員として、
長草工場でのRAV4生産、企画、デザイン、設計等の開発にも参画しています。
このコンセプトモデルを発表することで、いろいろなご意見をいただき、
さらに、より良いものへと進化を続けます。

サイズ:長4680 幅1865 高1890

詳しくは公式HPを見てね!
https://www.toyota-shokki.co.jp/news/release/2022/01/07/003032/index.html

「東京オートサロン2022」 カスタムカーの祭典!幕張メッセでみつけた!

========================
旧車〜新車 軽自動車〜スーパーカーまで、いろいろな車の情報や
ドライブスポットなどをUPしていきますので、
フォローをよろしくお願いいたします。
========================
フリーBGM
「Breakbeat Medium」
・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/
・甘茶の音楽工房
・H/MIX GALLERY 秋山裕和さん ★
・Final Cut Pro X
・楽曲提供:Production Music by http://www.epidemicsound.com

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


専門マスターの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る