モノ/ガジェット

ミニマルなノートパッド、HINGE!アイデアを逃さない便利なアナログツール

ぱぴぺぺ

空間デザイナー/ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は僕が長いこと使っているノートパッド、HINGEを紹介していこうと思います。
僕は普段デザイナーとして勤務しており、メモやスケッチは日常的なもの。

その中でもかなり役立っているのがA5サイズのHINGEです。
サイズ感もちょうどよくどんなバッグにも入りますし、A4の裏紙を折りたたんで使うことも可能。

仕事でもプライベートでも活躍してくれている手放せないアイテムです。

おすすめポイント
1. 持ち運びやすいサイズ感
2. 裏紙を有効活用できる
3. ミニマルなデザイン

気になるポイント
1. 挟む用紙の枚数が少ないと落ちてくる
2. 高級感はあまりない


購入当時のレビューは僕のブログでも紹介中。
興味があれば見てもらえると嬉しいです。

Yahooショッピングで購入も可能です。

圧倒的にミニマルなデザイン。

全体の見た目

HINGE 全体のデザイン
HINGE 全体のデザイン

ロゴの主張すらも極限まですり減らしたミニマルなデザインが特徴。
ビジネスシーンでも使える安心感があります。

カラー展開はブラックとホワイト。サイズもA5以外にもA4やB5、より小さなA6サイズも展開がありますよ。
今回紹介しているのは僕が一番使いやすいと思うA5サイズのブラックです。

開いた状態のHINGE
開いた状態のHINGE

開くと下部に小さなポケット。ここに用紙を挟んで使います。
数枚だと逆さにしたときに紙が落ちてしまうので、10枚ぐらいは常に入れておくのがベスト。

僕はわざわざA5の紙を買うのが面倒なので、A4の紙を折って使ったり、A4を半分に切ったりして使ってますね。会社で使うときはミスプリントの裏紙を再利用すれば紙切れになることはないはず。

表面の素材感

表面の素材感
表面の素材感

表面はレザーのようなエンボスがかかっています
ただ光沢は強くプラスチック感もあるので高級感は感じないですね。
ちなみにちょっとした滑り止め効果もあります。

汚れてもサッと拭くだけ。水に濡れても大丈夫。
メンテナンス性はかなり良いと思います。
破損しない限りは長くキレイな状態で使えますよ。

HINGEのおすすめポイント4点。

1.視覚のノイズが少ない

紙を入れた状態
紙を入れた状態

ポケットに紙を入れた際、紙の全体像が四角形が保たれるように設計されています。
これによって視覚のノイズも感じにくく使うことができます。

2.立ったまま使うときも楽

立ったまま使用するときのイメージ
立ったまま使用するときのイメージ

立ったまま使うときにも便利。
素材は薄いプラ素材ですが折れることなくしっかりと筆記時の衝撃も受け止めてくれます。

3.ペンホルダー付き

ペンを挿した状態
ペンを挿した状態

またペンホルダーもあるのでお気に入りのペンを常に挿しておけます。
ペンとこのHINGEさえあれば、思いついたことをサッとメモしてサッとしまう素早い動作が可能。

4. 収納スペースもあり

小さな収納スペース
小さな収納スペース

かなり薄い収納スペース付き。
紙は2〜3枚ぐらいが限界だと思います。
紙のほかにも美術館のチケットや領収書、小さなメモなどを入れておくのも失くしにくいのでおすすめ。

まとめ:アナログでメモをする人にはぜひ使ってほしい。

落書きやメモが楽しくなるノートパッド
落書きやメモが楽しくなるノートパッド

もう2年以上使っているお気に入りのノートパッド。
結局iPadよりもアナログのほうが使いやすいんですよね。
普段からペンと紙でメモやスケッチをしている人にはおすすめのノートパッドですよ。

<関連情報>

【HINGE(ヒンジ) レビュー】TENTデザイン!アイデアを逃さないミニマルノートパッドが便利です。(モノコトポート)

HINGE概要ページ(idontknow.tokyo)

HINGE A5 (Black) (Yahoo!ショッピング)