タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【マウスの決定版】ロジクールのMX Anywhere3で作業効率を一気にアップしよう!

Paraph

アートディレクター/デザイナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私は普段「デザイン」のお仕事に携わっているのだが、ペンタブやキーボード、マウスといったPC周辺機器は仕事には欠かせない超重要なアイテムだ。私はMacBookを長年使用しているのもあって、10年近くAppleのMagicMouseを使用してきた。タッチパネルを搭載する画期的かつ直感的な操作が特徴的なマウスだったのだが、より高度なジェスチャーやカスタマイズ性が可能になるマウスが欲しくなり買い換えることにした。

そこで購入したのがロジクールのMX Anywhere3というマウス。
まず結論から言うと、MX Anywhere3というマウスはとにかく最高で優秀なマウスで今年買ってよかったガジェットの中に間違いなくランクインするであろう、それくらい満足度の高い仕上がりとなっていた。とにかく最高だったので、ぜひ皆さんにその魅力をお伝えしていきたいと思う。

シンプルなデザインのパッケージ
シンプルなデザインのパッケージ

シンプル。だけど高機能。

外観は特に特筆するような特徴はなく、とてもシンプルでよくあるマウスという感じのデザインだ。しかし、細かい部分を見るとロジクールのこだわりが垣間見れる。

本体のカラーは真っ白ではなく、少しグレーに近い色味となっている。安っぽさは一切感じない堅牢な仕上がりだ。

近くで見てみるとそのディテールの細かさに気づくはず。スクロールを担うホイール部はスチールで仕上げられておりグリップ感が増すようにギザギザに細かく掘られている。このマウスはとにかくホイール部の性能が高い。MagSpeedという電磁気スクロールを採用しており、トラッキングがとても精確で1秒に1,000行スクロールできてしまうほどの高速スピンにも対応している。こればかりは実際に触ってみてもらわないと伝わりにくいと思うのだが、スクロールする際の感触はとても素晴らしい物に仕上がっている。
※MacOS特有の気持ちのいい感性スクロールはMagicMouseほど滑らかではないので注意が必要だ。

目立っているのはホイール部だけではない。本体上部にはボタンが設置されている。そして側面にもボタンが2つ搭載されている。これらのボタン類にはお好みで好きな挙動やキー入力を当てはめることが出来る仕様だ。

そのため、自己流のカスタマイズを施せば、MagicMouseにはできなかった操作がマウス単体で可能になるというわけだ。設定方法はあとで解説しよう。

マウスの側面は手に持った時にしっくりとくる形状となっており、さらに程よいグリップ感のあるシリコン素材となっている。感触が滑らかで自然と手に馴染む。

裏面は滑りをよくするプレートが4箇所に設置されている。そして電源スイッチとペアリングボタン兼デバイス切り替えボタン、トラッキングセンサーが付いている。Anywhere3は、従来のマウスが苦手とするガラス面でも問題なく精確にトラッキングすることができるのだ。

また、このマウス1台で最大3つのデバイスを登録することが可能。そのため、普段WindowsとMacを使い分けている人であっても、この裏面のボタンをポチッと押すだけで接続先のデバイスを切り替えることができるのだ。とても簡単で、とても便利な機能だ。

小さくて軽く、頼れる存在。

MX Anywhere3は、高性能なところも魅力的だが、とても小さくて99gと非常に軽いというのも魅力の一つ。手のひらにすっぽりと収まるサイズ感なのだが、握った際のフィット感は良好という、絶妙なサイズとなっている。

厚みもそこまで大きくはなく、程よい感じなのも嬉しい。

こんなに小柄なのにもかかわらず、バッテリー持ちは1回のフル充電でなんと約70日使用可能だ。もしバッテリーが切れそうになったらTypeCケーブルをマウスに接続すれば充電できる。もちろん、充電しながら使用することもできるので機能面も十分素晴らしい物となっている。

ジェスチャー操作をカスタマイズして作業を効率化しよう

Logi Optionsの画面
Logi Optionsの画面

MX Anywhere3の最大の特徴はカスタマイズ性にある。

ロジクールが提供するLogi Optionsというソフトをインストールすると、各ボタンに割り当てる機能をカスタマイズすることができる。

スクロールホイールの速度やホイールを回転させた際の感触を細かく設定することが可能。

さらに、それらの設定はアプリケーションごとに個別の設定ができるのだ。これらをうまく活用すると、Photoshopの時は新規レイヤーを作成するボタンとして割り当てたり、ブラウザの時は新規タブを開く設定に割り当てたりすることができる。こうして自分好みにカスタマイズすることで作業効率が一気にアップするわけだ。

やっと出会えた、最高の相棒。

今まで頑なにApple純正マウスを使ってきたのだが、もっと早くMX Anywhere3に乗り換えたらよかったなと後悔するくらい、今は物凄く気に入っている。
これまでやってきたデザインの仕事も、このマウスのおかげでさらにスピードアップすることができた。
うまく工夫すれば、キーボードに触れることなくマウスのジェスチャーだけで事を終えることだってできてしまう。そんなマウスは他にあるだろうか。

とにかく小さくて軽くて高性能なMX Anywhere3は、デザイナーだけでなく全てのPCユーザーにオススメしたいマウスとなっている。

ぜひ気になった方はYahoo!ショッピングPayPayモールでチェックしよう。
きっとあなたの作業効率も一気に上がるだろう。

▼本日紹介した商品
Logicool MX Anywhere3 (Yahoo! ショッピング)


Written by Paraph
https://paraph.life/

現役デザイナーが厳選した「本当にオススメできるモノやコトを紹介するファッショナブルメディアParaph(パラフ)」最新ガジェットやトレンドに左右されないファッションアイテム、雑貨など多数の商品を美しい写真と共に開封レビューしています。

Youtube:Paraph
Twitter:@Paraph14
Instagram:paraph_life

シェア

いいね

コンテンツへの感想