タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

iPhone13シリーズの新色は、美しく、高級感に溢れていた【開封ファーストインプレッション】

Paraph

アートディレクター/デザイナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年9月24日、iPhone13シリーズと新型iPad miniが発売された。パラフの手元には新色で話題となったiPhone13 mini スターライトとiPhone 13 Pro シエラブルーの2機種が届いた。
この記事では新色の色味をじっくりと見ていく開封ファーストインプレッションをお届けしたいと思う。それではさっそく見ていこう。

小さくて薄い、エコなパッケージ。

左:iPhone 13 mini 右:iPhone 13 Pro
左:iPhone 13 mini 右:iPhone 13 Pro

パッケージは非常に小さく、薄い。そしてこれまでのiPhoneはビニールに包まれていたのだが、今回のiPhone13シリーズのパッケージではビニールが廃止された。

お菓子のパッケージのように、矢印に沿ってテープを剥がすタイプとなった。

ペリペリと開封していく。この瞬間はたまらなくワクワクするものだ。

光加減で見え方が変わる美しい色味

左からスターライト、シエラブルーとなっている。新色のカラーはいずれも上品で美しい色味となっている。

スターライトは側面の金属はゴールドのようにも見えるが、光加減によってはシルバーにも見える。また、カメラ部分の金属リングも同様の色味となっておりとても品があり美しく、高級感を感じる。

シエラブルーも大変美しく品のある色味に仕上がっている。少し暗い空間で真正面から見ると水色に見えるが、明るい空間だとシルバーのようにも見える。Proモデルはマットな質感の背面ガラスとなっているのでminiよりも高級感が溢れている。

iPhone 13 Proのカメラユニットは想像以上に大きい。前モデルから相当拡大されており性能もアップした。

厚みも増しており、ご覧の通り結構出っ張っている。

小さくなったノッチ

iPhoneといえばノッチ。iPhone13シリーズではこれまでのiPhoneよりもノッチのサイズが縮小された。厳密に言うと横幅は狭まったが高さが若干増してしまってるのだが見た目の印象は少しコンパクトになったように見える。

しかしまだまだ目立ってしまうため、次世代機種ではノッチが無くなることを願いたい。

新品のiPhoneをしっかり保護しよう

今回CASEFINITEさんからiPhone 13シリーズのケースをいくつか提供していただいたので、新品のiPhoneを傷つけないように、ひとまずこのケースで保護しておこうと思う。

シンプルな見た目だが、MagSafe機能が備わっている。グリップ感も良いので長く使えそうだと思った。

カメラ部もしっかり保護できるのでケースの完成度も高く安心して使用することができそうだ。ケースに関しては、また別の記事にてじっくりとレビューしていきたいと思う。

iPhone13シリーズの新色は、とにかく美しく、高級感がある。とても完成度の高いスマートフォンだと思った。ぜひ店頭で、スターライト・シエラブルーの美しさを手に取って感じてみてほしい。しばらく愛用した後に、Paraphのブログの方でじっくりレビューも行う予定なので、そちらもお楽しみに。

-------

Paraphのブログ

ParaphのYouTube

シェア

いいね

コンテンツへの感想