タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

「いつ食べればいいの?」農家直伝【メロン】の「食べ頃」を見分ける3つのポイント

ぱるとよ

料理研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

メロンが美味しい時期です。スーパーに行くと緑色のメロンを始めオレンジ色のメロン、品種もさまざま。

こんなにたくさんメロンが出ていると楽しくなりますね!

しかし、メロンって食べごろがわからなくて適熟をすぎっちゃったり、まだ早かったり…とタイミングを逃すと美味しく食べられないことも多いです。

さてそこで今回は元スーパー青果担当者で野菜ソムリエプロのぱるとよがメロンの農家さんに聞いたメロンの美味しい食べごろを3つご紹介します。

メロンに追熟は必要?

購入したメロンがカチカチに硬い場合は追熟をする必要があります。

追熟することで糖度が上がるわけではないのですが、柔らかくなり食感が滑らかになることで甘さを感じやすくなります。

硬いメロンは風通しの良い温度が高くなりすぎない場所に保存します。

1つ目のポイント「底が柔らかく弾力がある」

一番わかりやすい食べごろの見分けかたは底の部分の柔らかさです。

指の腹で優しく押してみて弾力があれば食べごろです。

2つ目のポイント「メロンの皮がやや黄色っぽくなってくる」

食べごろになってくると緑色だった皮が黄色っぽくなります。

底の部分の硬さと共に合わせて確認すると良いですね!

3つ目のポイント「甘い香り」

食べごろのメロンは甘い香りがしてきます。

毎日匂いを嗅いで爽やかな甘い香りがしてきたら食べごろの可能性があります。

上の2つと合わせて確認して食べごろと判断したら切ってみてくださいね。

動画でサクッと解説!

まとめ

今が旬のメロンの食べ頃の見分け方をご紹介しました。

3つのポイントを押さえてメロンを美味しく食べてくださいね。

知っておきたい果物の豆知識

上記リンク先は外部サイト(ぱるとよ)へ移動します。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。