おもしろ/ネタ

この傷はDVではありません!アピールが欠かせなかったあの頃【ぺぷり家のつれづれ日記147話】

ぺぷり

イラストライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、ぺぷりと申します。見てくださってありがとうございます(*^^*)
テレビが大好きな夫と、ズボラな私、お絵かき大好きなおませ娘と、自由人なTHE末っ子な息子のぺぷり家。
そんな凸凹な家族の、思わず「なんでやねん!」とつっこみたくなる日々のことを描かせていただいています。

膝に乗せている息子が急に立ち上がって、唇を負傷しました。ヒリヒリ痛むものの、母の血を見て焦って必死で謝る息子を見ていると可哀想なほどで、「大丈夫だよ~」と言いつつ、ふと昔のことを思い出しました。

今でこそ、こんなことはかなり減っていますが、息子がもっと幼かった頃は、しょっちゅう頭突きされて唇負傷していたなと。はじめ赤くなっていた唇も、日が経つとだんだん黒っぽくなってくるのですが、そうなるとついつい思い出してしまうのが、当時やっていたドラマで、夫婦のDVの様子がうかがわれる描写があるのですが、「もしかしたら、この唇も、そう思われているのでは?!」と自意識過剰発動してしまい。いつも聞かれてもいないのに、「これは息子に頭突きされて~」とかいって「DVじゃないよ」アピールをよくしていたなぁ。そんなことを思い出した出来事でした。

…続きを読む