おもしろ/ネタ

  • いいね

すごい!おそるべし…病院食(6歳息子のつきそい入院にて)【ぺぷり家のつれづれ日記182話】

ぺぷり

イラストライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、ぺぷりと申します。見てくださってありがとうございます(*^^*)
お絵かき大好きなおませ娘(9歳)と、甘えん坊なTHE末っ子な息子(6歳)と夫と、ズボラな私、のぺぷり家。
そんな凸凹な家族の、思わず「なんでやねん!」とつっこみたくなったり、時にしんみりしてしまう日々のことを描かせていただいています。

今年の春ごろ、6歳の息子がぜんそくで入院しておりました。小さな子の入院には、原則親の付き添い入院が必要とのことで、私がつきそい入院することになったのですが…
狭くて固い簡易ベッドに、夜通しだれかの泣き声と酸素計アラームでなかなか寝れない日々に疲れる日々でしたが(病室不足の今の時代、入院させてもらえるだけありがたいのは百も承知も上です)…

病院食ってとっても美味しい!!
なんというか…和食中心で品目数の多い食事が、自分の手を介することなく朝昼晩と出てくるというのがもう主婦としては嬉しすぎる!
子どもだけでなく、私の分も毎食頼んでいたのですが、毎回二人してお腹パンパンになるまでいただき、毎食満腹じゃ…とベッドに横になるのが至福の幸せでした。

でも、毎食これだけ食べてたら、絶対太ってる…という恐怖を抱えながら、退院後おそるおそる体重計に乗ったところ…
驚きの結果が待っていたのです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想