タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【大阪市生野区】芝生広場に保育園、BBQ場まで!? 廃校を活用した新スポット「いくのパーク」が誕生!

ぺるたろう

地域ニュースサイト号外NETライター(大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

約60ヵ国もの外国籍の方が暮らす生野区。色々な文化に触れることができ、他地域からも観光客が訪れる活気に溢れた素敵な街ですが、その反面多国籍・多文化だからこそ抱える子育て・教育・住居・就労などの課題がたくさんあります。そんな生野区に、課題解決へ向けた取り組みの拠点となるいくのコーライブズパーク(略称:いくのパーク)という複合施設が誕生します!!

御幸森小学校が大変身!

舞台となるのは大阪コリアタウンに隣接する、2021年3月に廃校となった約100年もの歴史のある御幸森小学校。大阪市初のユネスコスクールでもある御幸森小学校では韓国朝鮮にルーツを持つ子どもたちが多く、世界各国の様々な文化を学ぶ「多文化共生教育」に励んでいたのだそう。その「多文化共生」という言葉を御幸森小学校から受け継ぎ、「全国No.1 のグローバルタウンへ!」という目標を掲げたいくのパークのプロジェクトが動き出しています!

地域活性化の拠点へ

株式会社RETOWN様提供
株式会社RETOWN様提供

いくのパークは飲食店イベントスポーツアートだけでなく教育や福祉の機能も併せ持つ、地域活性化の拠点となる期待の複合施設です。

多文化共生のまちづくり拠点の構築を目指す「NPO法人 IKUNO・多文化ふらっと 」と、”食を通じたまちづくり”に取り組む「株式会社RETOWN」。地元のNPO法人と企業がタッグを組み、それぞれの持つ強み・ノウハウ・ネットワークを活かし共同事業体として事業を行いながらも、多文化共生と地域活性に同時に取り組んでいます。保育施設や学習サポートなどの充実や多文化共生の暮らしを実現するため、現在はクラウドファンディングなどの活動も行われているそうです。

現在の様子をご紹介!

そして今回、NPO法人 IKUNO・多文化ふらっと様と株式会社RETOWN様のご案内で現在の様子を見学させていただきました。

校舎の外から見学スタート! この広い運動場は芝生の広場になるんです。ガラッと雰囲気が変わりそうで楽しみですね。

給食室は、現在RETOWN様のグループ会社が運営している飲食人大学という学校が入ります。飲食の現場で通用する技術を短期間で修得することを目的に設立された飲食人大学は、卒業生の方のみで切り盛りする「鮨 千陽」が数年連続でビブグルマンを獲得するなど、メディアでも度々話題となる有名な学校です。

多目的室とわかくさ学級は、堀江にあるクラフトビールのお店が入るそう。ここでいくのパークビールが誕生するかも!?

保健室は「喫茶室みゆきもり」という喫茶店がオープン予定。喫茶「店」ではなく「室」なのは、保健室の名残だそうです。

正門の柱は木の姿をした「記憶の塔」というモニュメントに生まれ変ります。大阪コリアタウン側より訪れた人々が一番最初に見ることになるであろう御幸森小学校の新しい姿です。

会議室はイタリアンレストランに変身。ピザ窯も入るそうで、学校で本格的なイタリアンが食べられるのは面白いですね。

物販やイベントなど、地域コミュニティで使用する多目的室はいち早くリニューアル中。今までも地域の方が使用しており、今後も地域の方に最優先で使用していただくとのこと。

図書室は今後も図書室として使用されるそうで、こちらもリニューアルが進んでいます。木をふんだんに使用し落ち着ける様な空間で、親子で利用しやすい場所にしたいと話されていました。生活科室は子どもたちの学習サポートのためのスペースに生まれ変わり、そこではテコンドー教室も行われたりと、いくのパークは子どもたちのための場所でもあるんです。

体育館は避難所選挙の際の投票所としての機能は今後も継続されます。貸出も可能で、プロバスケットボール選手によるバスケットボール教室の開催等も予定されているんだとか。

3階にはなんばから移転してきたRETOWN様の事務所が入りました。学校の面影を残しつつも、お洒落な事務所となっています。

2、3階は事務所保育園飲食店等が入り、屋上はプールに水を張ったお洒落なBBQ施設ができる予定です。見学会は今後も開催予定だそう。SNSでは見学会の詳細や、周辺のまちあるきの様子など日々精力的に発信されていらっしゃいますのでご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

2022年秋ごろから順次開業予定

説明されていた中で特に印象深かったのは、地域の皆さんと言う言葉。まずは地域の方々に愛されような場所にしたいと繰り返しお話してくださいました。2022年秋ごろより順次オープン予定の廃校を活用したいくのパークは、今後どのように変化していくのでしょうか。気になる状況など、随時取材して参りますので是非ご注目ください!

いくのコーライブズパーク

住所:大阪市生野区桃谷5丁目5−37

公式Instagram

公式Twitter

公式Facebook

最新情報等は公式SNSでご確認ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。