タイトル画像

How to

  • いいね

ほっこり温まる電子レンジで簡単に作れる「かぶら蒸し」の作り方!素材の甘味が堪能できます!

ぽちゃぽちゃチャッキー

料理研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、寒い日に美味しい野菜、 かぶ を使った
和食 ! かぶら蒸し ( 蕪蒸し ) 作り方 です。

本来は蒸し器で蒸し上げて加熱するのですが
簡単に作りたかったので電子レンジで
加熱して作る方法!

滑らかな口当たりと、かぶの優しい甘味を
感じられる美味しい あん掛け料理 !

私の大好物なんです
寒い日に、ほっこり温まる絶品ですよ

お好みの具材・野菜を
すりおろした、かぶの中に閉じ込めて
一緒に味わえるよ〜

それでは、さっそく
簡単レンジで作る、かぶら蒸しの作り方を
紹介させて頂きますね

【材料】

かぶ 2個 

鯛(切り身) 適量

銀杏 適量

しめじ 適量

卵白 1個分

塩 ひと摘み

「あん掛け用」

麺つゆ 適量

水又は出汁 適量

※使用する麺つゆに記載されている
そば・うどん用に稀釈した物を200cc程!

水溶き片栗粉 適量

※具材は、白身魚や鰤など
野菜も小芋、百合根などお好みでOKです。

【作り方】

①鯛の表面に軽く塩をして下味を付ける
10分程おいて馴染ませる

②かぶの皮を厚めに剥き、すりおろす

すりおろしたら、ザルに上げて水分を8割程切る

③②をボウルに入れ塩と卵白を加えて
しっかり混ぜ合わせる。

かぶら蒸しの生地の完成!

④具材(銀杏・しめじ)を柔らかくなるまで
湯がいて、水に落とし冷してから水分を切っておく!

鯛をサッと湯通しして水分を切っておく

※魚を料理する時に魚の臭みを料理に感じさせないようにする為の下処理方法です。

臭みの元となる脂・血・ぬめりなどを熱湯をかけて落とす方法です。

「湯引き」とも言いますが、熱湯をかけると素材の表面が白くなることから「霜降り」と呼ばれています。

⑤かぶらの生地と具材が用意できたら
電子レンジOKの器を用意して

かぶら生地・鯛・かぶら生地・銀杏等の順に
盛り付け、上から生地をのせて

丸く山状に整形する

ラップをして、空気穴を数ヵ所開けて

電子レンジ500wで3〜5分加熱して
全体的に火を通す。

⑥かぶら蒸しを、加熱している間に
稀釈した麺つゆを温める、水溶き片栗粉で
トロミをつけて、あん掛けの用意!

⑦加熱できたら、かぶが飛び散っているので
スプーン等で綺麗に整形しなおす

⑧加熱できた、かぶら蒸しの上から
あんを掛けて

お好みで山葵や生姜をトッピングしたら
できあがり〜

とろっとろの滑らかな口当たりのかぶら蒸し
寒い日にオススメのあん掛け料理!

かぶらの甘味がひろがる
絶品ですよ!
是非一度お試しください

失敗しない様にポイントなど!動画にもしてありますので参考にして下さい!
ありがとうございました。

シェア

いいね

コンテンツへの感想