タイトル画像

How to

  • いいね

カビがゴッソリ落ちる!酸素系漂白剤で洗濯槽掃除

ぴょこぴょこぴ

暮らしアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。
暮らしの工夫インスタグラマーのぴょこぴょこぴです。

見えない洗濯槽の裏側に、いつのまにかカビが生えてしまっていることが…

酸素系漂白剤(オキシクリーン、オキシウォッシュ、過炭酸ナトリウムなど)で、そんなカビをゴッソリ落とすことができます。

やり方はとっても簡単!


1. パッケージに書かれている使用量を確認し、投入

今回はオキシウォッシュを使用。
パッケージの「つけ置き洗いの場合」に、4リットルのお湯に対して付属スプーン1杯と書かれています。

オキシウォッシュのパッケージの裏面
オキシウォッシュのパッケージの裏面

高水位の水量(この洗濯機の場合は40リットルなので、10杯)に合わせた量の、酸素系漂白剤を投入します。

洗濯機によっては、先に電源を入れる必要があるようです。
洗濯機によっては、先に電源を入れる必要があるようです。

2. 40〜60度のお湯を高水位まで入れる

混合水栓の場合はそのままお湯はりを。
水しか出ない場合は、バケツなどでお湯を運んで、高水位まで入れます。

洗濯機によっては、電源を入れておかないとお湯が抜けてしまうようです。
必要な場合、先に電源を入れましょう。

酸素系漂白剤がしっかり働くのは40〜60度の温度。

蛇口から出るお湯がぬるい場合は、追加でポットからお湯を足しても良いでしょう。

洗濯機近くの洗面所からお湯を運んでいます。
洗濯機近くの洗面所からお湯を運んでいます。

界面活性剤が入っているタイプの酸素系漂白剤はよく泡立ち、入っていない場合はあまり泡立ちませんが、どちらでも大丈夫です。

高水位まで入れました
高水位まで入れました

3. 5分ほど回して、3〜6時間放置

4分ほど洗濯機を回して、酸素系漂白剤をよく混ぜます。

注意 このとき、排水してしまわないように注意して設定しましょう。

その後、3〜6時間放置します。
温度が下がりにくいよう、蓋を閉めるのがオススメです。

注意 酸素系漂白剤から酸素が出ます。
洗濯機の蓋が密閉されるタイプの場合は、きっちり閉まらないよう、割り箸などを挟んで隙間を開けておきましょう。

密閉タイプの蓋ではないので、そのまま閉めています
密閉タイプの蓋ではないので、そのまま閉めています

4. 高水位の標準モードで一回しして、排水して完了

高水位の標準モードで一回しし、排水して洗濯槽掃除が完了します。

ワカメのようなカビが底に残った場合は、ティッシュで取り除いてからもう一回しすると安心。

スッキリきれいになった洗濯槽。次の洗濯が楽しみです。
スッキリきれいになった洗濯槽。次の洗濯が楽しみです。

定期的に行って洗濯槽のカビを落としておくと、気持ちよく洗濯することができます。

わが家では毎月洗濯槽掃除を行っていますが、市販の洗濯槽クリーナーも使用しています。

酸素系漂白剤を使用するのは、2〜3ヶ月に1回程度。
負担のない範囲で続けたい掃除です。

読んでくださり、ありがとうございます。

オキシ漬けの覚え書き

シェア

いいね

コンテンツへの感想