タイトル画像

How to

  • いいね

無印良品で布団収納。ラベリングは荷札でシンプルに。

ぴょこぴょこぴ

暮らしアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。
ぴょこぴょこぴです。

だんだん涼しくなってきたので、タオルケットをしまって羽根布団を出しました。

もう少し寒くなったら、敷毛布も出す予定です。

わが家の布団収納をご紹介します。

無印良品のポリエステル綿麻混・ソフトボックスに収納

布団の収納には、ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・衣装ケース 約幅59×奥行39×高さ18cmを使っています。

ポリエステル綿麻混・ソフトボックスはサイズが豊富なので、中にしまうものと収納スペースに合わせて選ぶのがおすすめです。

タオルケット、シーツ、羽根布団、敷毛布すべて同じ方法で収納。
敷布団の予備はありません。

“次の季節を迎える準備”を効率的に。わが家の衣替え、お下がりの管理、季節ものの収納方法

湿気防止のために除湿剤を

できるだけ湿気を防ぎたいので、45リットルのゴミ袋に入れてからソフトボックスの中へ。

(ソフトボックスの内側はコーティングされているので、ゴミ袋なしでも大丈夫そうですが、何となく気になって入れています。)

除湿剤も一緒に入れて、布団入れ替えのタイミングで取り替えを。

ギュッと押さえて空気を抜いて、ソフトボックスの蓋を閉めます。

布団の数が増えるなどして、収納スペースが足りなくなったら、圧縮袋を使おうと考えています。

中身がわかるように、荷札でラベリング

中に何が入っているかわかるように、100円ショップで買った荷札に中身を書いて、持ち手にくっつけています。

中を見なくても中身がわかるので便利。
見た目もシンプルです。

クローゼットの上部に収納

中身を入れ替えたら、ウォークインクローゼットの上部に収納。
布団収納は押入れが良さそうですが、わが家には押し入れがないので、ここになりました。

出し入れには脚立が必要ですが、布団類は季節の変わり目にしか入れ替えないので、許容範囲です。

読んでくださり、ありがとうございます。

シェア

いいね

コンテンツへの感想