専門マスター

ビール好き集まれ!選ばれし者しか注げないこだわり究極のビール専門店 キリンシティ

らんらんRanRan

日中カルチャーアンバサダー/音楽家/バイリンガル

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はビール大好き!
海外の観光客が集うビールに超絶こだわった
らんらんがずっと気になっていた
#キリンシティにやってきました!
まずどれくらいビールにこだわってるかというと
実はキリンシティでは特別なバッジを持ってる
ビアマイスターしかビールを注げないらしいです!
バッチには3つのランクがあって
1番下がブロンズ、次がシルバー
1番上がゴールドになります。
まずブロンズになるには筆記試験と
実技試験に合格しないといけない。
そしてシルバーになるためには
ブロンズになってからさらに修行して、
最短でも二ヶ月かかるそうです!

ランクの違いはブロンズは
お店のピーク帯にビールが注げなくて
ゴールドは何年か店長を経験した人に限るそう。
すごく厳しいんだなあって思いました!
だからビールはこんなにも美味しいんだなぁ
って改めて納得しました!
それだけでなくビールの注ぎ方にもこだわりがあって
サーバーのレバーを回す角度によって
ビールの液量や泡の出方が違うので、
綺麗にピッタリ90度に止めないと
泡が多く出ちゃったり、
ビールが美味しくなくなるので、
練習だけで樽1本を使い最低50杯練習して
このミッションをクリアしています。
さらにドイツ伝来の3回注ぎという
やり方があって私には理解できないくらい
スゴいこだわってるのが見てるだけで
伝わって来ます!
三回注ぎをするとふわりと泡が盛り上がり
お店でしか飲めない絶妙なバランスの味が
味わえるようになります。

それ以外にも
(本当にこだわっているところが多すぎて感心)
樽を24時間以上冷やさないと使わないという
こだわりもあってこれを聞くとさらに飲むビールが
私は美味しく感じました!

次にキリンシティではタップマルシェを
取り入れています。
よく料理によってワインの種類を変えたりするけど
ビールもそれがあっても良いんじゃないかという
ビールの多様性を利用して頼む料理に合わせて
美味しいクラフトビールを出してくれるシステム。
クラフトビールではインディアンペールエールが
一番人気で、これ実はイギリスからインドに
ビールを運ぶときアフリカをまわって、
赤道を二回通っていかないといかないから、
腐らせないために殺菌作用のあるポップを
いっぱい入れていたというエピソードがあります。
なので少し苦味があってポップ(草)の匂いがします。
肉の赤みの血の味をすっと流してくれるので
ステーキやラム肉などの肉料理に合います。
その他にカルパッチョに合うのは
ホワイトペールエールで、食べ物に合わせて
それに合う美味しいビールを提供してくれます。
本当に知れば知るほど深ーいって感じました!

実際に私が店に行ってビックリした事は
なんと中国の観光客がみんな
黒ビールを注文していました。
なかなか黒ビール注文するの珍しくない?
って感じますが実はらんらんのママも
黒ビールが大好きなんですよ!
私にはまだちょっと早いみたい笑
中国人が好きな理由としては、
黒ビールは特別感があって、
味もスゴく濃厚なので頼みたくなるそうです。

欧米などの観光客を見ると、
びっくりしたのはみんなのグラスがでかーい!!
キリンシティではグラスのサイズが3つあって、
ランチ用のサイズと普通のレギュラーサイズと
メガサイズがあります。
海外の方は昼間からバンバン飲むので、
昼間から店が賑わっていてメガサイズの方が
少しお得なのでみんな最初からメガサイズを
頼んじゃいます。

こんなにもビールについて語りましたが、
ビールだけでなく、料理もとっても美味しいので、
みなさんもぜひ飲み会は忘年会で
キリンシティに行って楽しんでほしいです!

では皆さんフォローコメントいいねを
よろしくお願いしま〜す!
またね、らんらんヤッフー!

…続きを読む