トレンド/カルチャー

【ライヴツアー日記】中国・上海のクラブでライヴしてきた。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

8月終わり、中国は上海のクラブでライヴをしてきました。

発展目覚ましい国・中国は文化的な成長も著しく、
近年ではヒップホップ(ラップ)やダンス、バンドカルチャーなども人気のTV番組の影響もあって大きな人気を得ています。

僕はもともとアメリカや欧米でのライヴパフォーマンスを主にしてきましたが、
そうした中国の発展と音楽シーンの成長に伴って、中国でライヴする機会が圧倒的に増えました。
これまでも、ダンスイベントや野外音楽フェス「Summer Sonic」(サマソニ)などに数々オファーされ、中国各地にライヴしに行ってきました。

ひとえに中国といえど国土が広く、土地柄や人々の雰囲気は場所ごとに違いますが、
どの都市でもお客さんのテンションやエネルギーは高く、パフォーマンスしている側としてもとても有難いです。

会場になっていたクラブも、外国人や若者がふらっと集う洒落たバーが併設されていて、
タバコも分煙が徹底されて空気が綺麗、気持ちよくライヴできる場所でした。

中国の娯楽シーンは、これからまだまだ成長していくのは間違いないでしょうね。

中国エンタメ業界はアメリカや韓国とも密接に繋がっていることもあって、
中国でのライヴは世界各国のなかでもかなり魅力的なものと思っています。

早くまた行きたいです!

ちなみに、ライヴ中に着ているジャケットは中国の洋服ブランド「HIPANDA」(ハイパンダ)のもの。
先日、表参道に日本最初の旗艦店がオープンしたばかりのブランドです。
まだ新興のブランドなので現地の若者も知らず、トレンドの先取りを味わえた気がしました。笑

「HIPANDA」Webサイト
https://hipanda.jp/

…続きを読む