トレンド/カルチャー

【三味線 vs ビートボックス!】で即興セッションしてみた。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

誰とでも、どんなジャンルとでもコラボできるヒューマン・ビートボックス。
僕も、これまで数え切れないほどの多種多様なコラボをしてきましたが、
時折、そのなかでもとりわけ熱くなれるセッション相手と出逢うことがあります。

最近出逢った、そんな熱くなれるセッション仲間が
三味線奏者=「シャミセニスト」の寂空(ジャック)くん。
(公式サイト)http://shamisenist.net/

三味線という伝統的な楽器を武器として、伝統を継承しながら、
自身がフロントマンのロックバンドを持つなど、演奏も活動スタンスもとても攻めている新進気鋭のシャミセニストさんです。
まったくジャンルは違えど、心から表現したいを持っている人、その熱量にはとても触発されます。

ここでは、マイクひとつ、三味線ひとつでの真っ向勝負。

ビートボックスというまだまだ新しいパフォーマンスと、
伝統の楽器を新しい感覚で進化させるパフォーマンスのぶつかり合いをご覧いただけたらと思います。

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る