トレンド/カルチャー

ビートボックス&口笛で、ドラマ「相棒」のテーマをカバー。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2020年、明けましておめでとうございます!
年末年始から今日1/5までの長い連休、皆さんはどう過ごされたでしょうか。

お正月のテレビ番組といえば定番はいろいろありますが、
長年の歴史を誇る、日本を代表する刑事ドラマ「相棒」のスペシャル版は、
ここ数年にわたって元日の定番番組となっています。

かくゆう僕も、もともと推理小説が大好きなこともあり、
長年の「相棒」ファンで、元日のスペシャルは欠かさず観ています。

水谷豊さん扮する主人公・杉下右京の明晰な推理ばかりがドラマの魅力でなく、
昨今の社会問題や時事ネタを巧みに織り込んだテーマ、
さまざまな人物の思惑が絡んで多層的に進んでいくシナリオ、
といった要素が、凡百の推理/刑事ドラマとは一線を画す作品を生み出していて、
そうした複雑な事件を、右京と、個性豊かな歴代の「相棒」たちの化学反応が解決していくドラマ。

今後もどんな見事な物語が紡がれていくのか、楽しみです。

ちなみに個人的には、反町隆史さん扮する現相棒・冠城亘は、過去最高の相棒ではと思っています。

ここでは「相棒」のテーマソングを、ビートボックスと口笛を同時演奏することでカバーしてみました。
口笛でメロディラインを、喉でキックドラム、息を吸う音でスネアドラムを演奏しています。

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る