トレンド/カルチャー

本物のパプリカの音で、米津玄師「パプリカ」をカバーしてみた。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

米津玄師さんの楽曲「パプリカ」を、本物のパプリカの音を素材にしてカバーしてみました。

パプリカをこする音を録音、それを音階にしてメロディに
パプリカをデコピンする「ボスッ」と低い音で、リズムのキックドラムの音
パプリカを切るクリスピーな音で、リズムのスネアドラムの音
に仕立てました。

さすがに本物のパプリカを使っての「パプリカ」のカバーは前代未聞なのではないでしょうか。笑

ビートボックスは、人間の口や声を楽器に見立てて音楽を奏でるパフォーマンスですから、
それをやっている僕のような人間からすると、音楽やビートを鳴らすのは何の機材やモノでもいいという発想になります。

「パプリカ」という曲は僕自身は馴染みはありませんでしたが、
家族にキッズがいたために「みんなのうた」で耳にする機会ができました。

原曲のキッズたちの声で歌ったバージョンももちろん良いですが、
米津玄師さんによるセルフカバーは全く違った味わいがあって、こちらもとても素敵です。

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る