「銀魂」エンディング「修羅」/ DOESをカバー。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「2021年の早め」に、最新の劇場版作品が公開されることがジャンプフェスタで発表された「銀魂」。
昨年に完結した原作漫画のラストが、いよいよ映像化されるのではと期待が高まっています。

TVアニメシリーズも長きにわたって放映された銀魂は、数多くのオープニング、エンディング曲も生まれてきました。
そのなかでも人気のある一曲「修羅」/DOESをカバー。

この曲、僕自身は銀魂のエンディングということを知らず、もともと好きで聴いていました。

パンキッシュで荒々しい楽曲に、
片想いのことを歌ったのか何なのか明確にはわからない、でも危険な香りがする魅力的な歌詞が載っているロックナンバーです。

僕はブラックミュージックやダンスミュージックといったグルーヴィーな音楽に親しんで育ってきましたが、
一方で、この「修羅」や同じくDOESの「曇天」、その他にも荒々しく魂が剥き出しなロックも大好きです。
カラオケでは意外とシャウト系の激しい曲を歌っています。笑

このカバーでは、これまで僕がやってきた曲作りとは一風かわり、
そんな荒いロックの音源作りに挑戦してみました。
すべて音楽制作ソフト「Ableton Live」で打ち込み、レコーディングして完成させています。

映画『劇場版アニメ銀魂』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintamamovie/

シェア

いいね

コンテンツへの感想