トレンド/カルチャー

【皆でがんばろう】桑田佳祐 & Mr.Children「奇跡の地球」を、ひとり多重コーラスでカバー。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

桑田佳祐 & Mr.Childrenによる名曲「奇跡の地球」。
僕の世代よりも少し前に制作され、僕自身は海外の音楽ばかりを聴いて育ってきたためか、
恥ずかしながら、僕はつい最近までこの曲を知りませんでした。

それをSNSで呟いたり、家族に話したりすると、
「知らなかったの?!」と皆から異口同音に驚愕されます。笑

友人に教えてもらって初めて聴いたこの曲、
楽曲としてのかっこよさにも感銘を受けたのですが、
まるで2020年現在の激動の世相をそのまま表現したような、なんだか予言していたような歌詞に驚きました。

この曲を聴いて、コロナ禍での日々の励みにしている、という声もネット上で見受けられました。

「I'm listening to the radio all by myself」
自粛のなか、そのまま同じことをしている人も多いかもしれませんし、

「変わりゆく街は 明日なき無常の世界」
社会の仕組みや人の心のありようが根底から変わっている現状と重なるようで、

「夢や希望にすがる 時代(とき)はすぎた」
というラインは、
現実をありのまま受け入れて、かつての社会での浮き足立った夢想を捨てて、
新しい目標や生き方を模索するときがきた、と誰もが予感していることと符合する気がします。

世の中の動向を鋭く、端的に歌詞に落とし込んできた、巨匠・桑田佳祐さん。
かなり以前から環境問題に関する取り組みを行って、
ap bankを主催するなど数々のアクションを起こされてきたMr.Childrenの櫻井和寿さん。
その両者の強力なタッグがその歌詞を生んだのでしょうか。

自粛はストレスフルですが、
時間があったからこそ家でいろんな曲を見つけられ、この名曲にたどり着けて、
名曲はいつ知って聴いても名曲なのだと改めて教えてもらい、
しかもこのタイミングだったからこそ僕が受けるインパクトは大きかった。
やっぱりどんな出来事も一面的じゃないなと思いました。

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る