トレンド/カルチャー

びっくりチキンの声だけで「片翼の天使」(ファイナルファンタジーⅦ・セフィロス戦BGM)をカバー!

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今年4月に発売になった、名作ゲーム「FINAL FANTASY VII」のPS4リメイク版、
「FINAL FANTASY VII REMAKE」(ファイナルファンタジー7 リメイク)。

20年以上前の作品、初期プレイステーション版の原作「FF Ⅶ」ではBGM曲でも長年の人気を誇るものがいくつかあり、
そのうちの一曲、ラスボス・セフィロスとの戦闘BGM「片翼の天使」をびっくりチキンの音だけでカバーしてみました。

97年に原作が発売された当時、小学生だった僕は下校してはプレイにのめり込む毎日。
学校の友だちも男女かかわりなくかなりの人数がプレイしていて、
休み時間にはプレイの進捗やストーリーに関する話をしあうのが日常茶飯事でした。

いま、そんな風に「みんなで体験を共有する」ゲームやエンタメのコンテンツがあるのか?と思うと、
当時はいい時代だったのかもしれません。

ファイナルファンタジーシリーズのなかで、僕が初めてプレイしたのは「Ⅶ」。
以来、ドラクエ派 or FF派かを問われたら、圧倒的なFF派になり、Ⅶ〜Ⅹは細部までやり込んだものです。
今や、僕にとってのRPG=ファイナルファンタジーといっても過言ではないかもしれません。

20年以上が経過して制作されたPS4のリメイク版の完成度はすさまじく、
国内外でかなりの高評価を得ているようです。「今年度の最重要ゲーム」「ゲームのリメイクに対するイメージを変えた」とも評する向きもあるそう。
それでも、97年版のあの空気感やヴィジュアル、世界観やキャラへの個人的な思い入れは色褪せることはありません。

長い歴史を持つファイナルファンタジーシリーズですが、
「Ⅶ」はいまだに屈指の人気を誇っているそうで、主人公クラウドは史上もっとも人気のあるキャラクターの座を常に争い、
エアリスやティファ、ザックスといったキャラクターも歴代ベスト10には必ず食い込む人気キャラだそう。

また、このBGMの主であるラスボス・セフィロスは、
ゲーム史に大きくその名を刻むカリスマティックなラスボス。
この「片翼の天使」の原曲は、ファイナルファンタジー史上初のフルオーケストラ&声楽隊によるドラマティックなテーマで、
そんなインパクト大な敵キャラにふさわしい楽曲になっています。

◆ ファイナルファンタジーVII リメイク - スクウェア・エニックス公式サイト
https://www.jp.square-enix.com/ffvii_remake/

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る