トレンド/カルチャー

【ジブリ4作品、映画館で上映中!】びっくりチキンで「風の谷のナウシカ」の"ランランラン"の曲をカバー

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「ラン、ランララ、ランランラン」のフレーズで知られる映画『風の谷のナウシカ』(1984)の劇中歌「ナウシカ・レクイエム」。
日本人だったら誰もが一度は耳にしたことがあろう、あのフレーズを歌ったのは、
ジブリ作品の音楽を一手に手掛ける音楽家・久石譲さんの娘である麻衣さん。レコーディング当時は4歳だったそうです。

「一生に一度は、映画館でジブリを。」のキャッチコピーで、
ジブリの名作4作品『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』が映画館で上映中。
6月26日(金)より、全国372館の劇場で上映されています。

◆シアターリスト
https://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/ghibli2020.html

先日、さっそく僕も「風の谷のナウシカ」を観賞してきました。

映像作品が溢れるこの2020年にあってなお、ジブリの名作の熱量は異次元。
心…というより魂が奥底から揺さぶられ、終演後には軽い放心状態に。

ナウシカの劇場公開は僕が生まれる前だったので、シアターで観るのは初めてでしたが、
テレビモニターで何度も観たはずの作品が、シアタースクリーンで観ると初めて観た別作品かのような高揚感と感動。

素晴らしかったです。

せっかくのこの機会、オトナはもちろんのこと、
キッズたちにはぜひシアターで観てもらって、ジブリの圧倒的なエネルギーを体感してもらいたいと切に願います。

◆「一生に一度は、映画館でジブリを。」詳細
https://www.google.co.jp/amp/s/collabo-cafe.com/events/collabo/ghibli-special-screening2020/%3famp=1

ちなみに、自宅で映画を観るサービスがいかに栄えようと、
映画の魔法の力を体感できる「映画館」という空間はなくならないだろうなぁとも今回思わされました。

…続きを読む