トレンド/カルチャー

【「銀魂 THE FINAL」主題歌】SPYAIR「轍 〜Wadachi〜」をびっくりチキンでカバー

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1/8(金)より、アニメ「銀魂」完結編でもある劇場作品「銀魂 THE FINAL」が公開に。
興行収入トップをひた走ってきた「鬼滅の刃」より首位を奪取、
さすが15年間つづいてきた超人気作という貫禄です。

その「銀魂 THE FINAL」の主題歌、SPYAIR「轍 〜Wadachi〜」をびっくりチキンでカバーしました。

◆ 【映画ランキング】『銀魂 THE FINAL』が初登場V! 『鬼滅の刃』のV13阻む!
https://news.yahoo.co.jp/articles/52a39a24f106d12bb85bce825ae1fdb40934bc0d

◆ 映画『銀魂 THE FINAL』万事屋キャストが語るそれぞれの思い「この3人だから15年間続けられた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/add57f29c2d6721df0d377bf28b127abfbd92c97

世界中でパフォーマンスをしてきて、日本のアニメはどんな国でも人気だということを目の当たりにして、
日本が世界に誇る最大のエンタメはアニメだと思ってきましたが、
「鬼滅の刃」の空前のヒットを象徴として、ここ数年でアニメ界のその存在感はますます増してきているように思います。

銀魂は僕がまだ10代のころに始まり、ジャンプでリアルタイムに読んでいました。
独特のギャグテンポやワードセンスで大笑いさせられたかと思えば、人情話にホロリとさせられ、
どうしようもない下らない話があったと思えば、剣を抜いてのハードな死闘もありと、
その振り幅の大きさが新しく、とても魅力的な作品でした。

長期の連載を経て2019年に原作が完結しましたが、
今回のその「銀魂 THE FINAL」でいよいよアニメも完結。
いかに人気作とはいえ、原作の最後までがアニメ作品でも制作されるのは並大抵でないこと。
連載開始を知っている身としては、とても感慨深いものがあります。

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る