声とビートボックスだけで、TM NETWORK「GET WILD」をライヴ演奏!

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「GET WILD」/ TM NETWORKをライヴ演奏しました。
僕の声とビートボックスをリアルタイムで録音&ループして、それを重ねていき、楽器など一切使わずカバーしています。

背景の映像演出(VJ)では、様々な角度に設置したカメラで僕の演奏風景を収録し、
それをリアルタイムに映像に組み込んでいます。

コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの人が密に集まるイベントごとは開催中止が相次ぎ、
ライヴシーンのみならず、エンターテインメントは業界は大きな影響を受けました。
いよいよワクチンが認可され、少しづつ世界に広がり始めたことで、ようやくライヴシーン再始動の目処が立ってきたように思います。

それでも、以前のように自由にライヴができるのは、早くて年末か来年あたりでしょうか。

緊急事態宣言下ではイベント開催はなかなか容易でないため、
ライヴの主戦場を配信にシフトし、
配信のロケーションと、配信設備を提供することに力を入れるライヴハウスが増えています。

生でのダイナミズムを追求するイベント作りでなく、緻密に音作りや映像作りを行ったライヴ配信。

演者と観客が同じ空気を共有し、熱狂が生まれる臨場感では生ライヴに勝るものはなく、
僕自身もライヴパフォーマンスで得られる感覚を生き甲斐としてきました。
ただ、リアルタイムの緊張感を残し、かつ映像としても面白い配信には、
生ライヴとはまた違った魅力があるようにも思います。

その流れで、ここでは映像演出に凝ったパフォーマンスに挑戦してみました。

ようやく光明が見えてきたものの、まだまだ我慢が続くライヴシーン。
みなさんには、ぜひ配信を楽しんで、パフォーマーやライヴハウス、エンタメ界の新しい動きに力を貸していただけたらと思います。

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る