【2021年、新作映画化が決定!】「君が好きだと叫びたい」を、びっくりチキンでカバー。

REATMO

ヒューマン・ビートボクサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「SLAM DUNK」(スラムダンク)は、大人になってから読んだら何倍も感動する名作でした。

昨日、どうしてか無性に読み返したくなったスラムダンク。
一晩で最終巻までを一気に読破してしまいました。

作品の魅力は語り尽くせないものがありますが、

キャラの息遣いまで聞こえてきそうな緊迫感と臨場感あふれる試合シーン。
個性豊かなキャラクターたちが、ときに可笑しく、ときに熱情ほとばしらせながら、バスケに青春を懸ける清々しさ。
試合では敵同士でも、そこで絆を深めた相手にはリスペクトが生まれる、プレイヤー同士の熱い友情。
下心まる出しで適当にバスケを始めた不良である主人公・桜木花道が、次第にその大きな才能を開花させていき、
ついには湘北バスケ部の「救世主」をとなる感動。
「安西先生…!! バスケがしたいです…」「左手はそえるだけ…」「あきらめたらそこで試合終了だよ」など、
ある世代は当たり前のように知っているような名台詞の数々。

などなどが今は思い浮かびます。
子どものころ読んでいても体が熱くなるような名作でしたが、大人になったいまはその感動は何倍に感じました。

そんな、黄金期の「週刊少年ジャンプ」でも屈指の大人気を博したバスケ漫画「スラムダンク」。
90年代にテレビアニメ化され、数本の劇場版も製作されましたが、2021年に新たなアニメ映画として公開されることが発表されました。

原作者の井上雄彦さんが突如Twitterで発表、
僕もYahoo!のニュースでそれを知り、大興奮したものです。

◆井上雄彦さんのツイート
https://twitter.com/inouetake/status/1347026926569803776?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1347026926569803776%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fciatr.jp%2Ftopics%2F317017

◆アニメーション映画『SLAM DUNK スラムダンク』(タイトル未定)ティザーサイト
https://slamdunk-movie.jp/

連載開始前にはマイナースポーツだったバスケットボールが、「スラムダンク」人気で競技人口が増加したり、
バスケ選手への奨学金制度を設立したりと、今に至るまで社会に大きな影響を及ぼしてきた作品。
20年以上の時を超えた今でも根強いファンがいる本作なだけに、アニメ映画の内容については数々の憶測が飛び交っています。

全巻を読破したての僕としては、スポーツ漫画史に刻まれるであろう伝説の試合、
インターハイでの湘北 vs 山王工業の試合を映画化してほしい...!いまの技術で映画化したら、どれだけすごいんだろう?
と、夢が膨らんでいます。

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る