How to

  • いいね

【超簡単!】チャーハンをIHコンロとテフロンフライパンで美味しく作る方法!

ROOT's KITCHEN

再現料理クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。ROOTです^^

今回はIHコンロとテフロンフライパンで美味しくチャーハンを作る方法をお伝えします。

以前の「【家で作れる】王将 焼飯(チャーハン)【ご飯の炊き方がポイント】」の記事と動画のコメントに「IHコンロではどうしても美味しく作れない」や「中華鍋でないとダメなの」というコメントをたくさんいただきました。

今回はどの家庭でも美味しく作れる方法を紹介します。

材料(2人前)

【チャーハン用ご飯】
米 1.5合
塩 小さじ1/2
めんつゆ 小さじ1
醤油 小さじ1
うま味調味料 小さじ1
サラダ油 小さじ2
水 目盛り分まで
【本調理用】
ネギの青い部分 3cm程度
卵 2個
塩胡椒 適量
醤油 小さじ1程度

ポイント

IHで美味しく作れない理由

 ・そもそも火力(カロリー)が弱い
 ・鍋振りをすると、IHからフライパンが離れ加熱が止まってしまう。

テフロンで美味しく作れない理由

 ・鉄フライパンに比べ蓄熱性が低く、温度低下がしやすい。

以上の点をまとめると、

必要な熱が十分入りきらず、余分な水分が飛びにくい。逆に水分を飛ばそうと長く炒めると、米の中の水分まで飛んでしまい、しっとり感が残りにくい

ということだと思います。

しっとり感を残しながらもパラパラ感を出すためには、短い時間で高火力で炒めることが重要と考えています。それを解消するやり方が「ご飯の炊き込み式」です。

油を混ぜた調味料でご飯を炊くことで、

途中で醤油などの調味料を入れる必要がなく、温度の低下を避けられます。

また、油を入れていることで米の1粒1粒に油がコーティングされて、炒める時にほぐす必要がほどんどなく、米と米の間の水分を飛ばすことができます。炒める時間も少なくなるため、適度に水分を残すことができます。

能書きが、長くなりましたがレシピです。

レシピ

①米に【チャーハン用ご飯】の調味料をすべて入れて、1.5合分の線まで水を入れ炊飯します。

②炊飯したら、炒める準備ができたらよく混ぜ、耐熱容器に入れてラップを張り、600Wで1分間レンジで加熱します。

③炒め油大さじ2〜3をひき、煙が立つまで加熱し、溶き卵を入れて少し炒めたら、ご飯、ネギなどの具材を入れます。

④ご飯を切るように炒め、米と米の間の水分を飛ばすイメージで炒めてください。上下もよくひっくり返しましょう。

⑤塩胡椒で調味し、小さじ1程度の醤油を鍋肌にかけ香り付けをします。

⑥丸く盛り付けたい場合は、器に入れてからお皿に盛り付けると綺麗にできます。ただしこのとき器にぎゅうぎゅうに詰め込まないようにしましょう。

チャーハンに合う、中華わかめスープの作り方は動画の最後に紹介していますので是非ご覧ください^^

シェア

いいね

コンテンツへの感想