専門マスター

全部食べられる?!フラワーケーキ!いろんな絞りで仕上げるクラシカルなデザインケーキ

サガワショーコ

パティシエ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【パティシエさんのデコ仕事】

少しだけクラシカル?
懐かしい感じの絞りデコと現代風なお花クリーム
なんだかウェディング風にも見えるケーキになりました

バラなどのお花をクリームで作りデコレーションしていく、フラワーケーキをつくります

こちらでは現役パティシエが手描き製作しているキャラクターチョコレート(キャラチョコ、痛チョコ)やイラストチョコレートの作業風景、またデザート作りやデコレーションの様子など動画でご紹介しています^^

フラワーケーキは元々シュガー(アイシングや砂糖菓子の細工)の世界からの派生として広まり、今はバタークリームを用いて作られることがほとんどです
現在人気のあるフラワーケーキはリアルなお花のデコレーションが多く、その本場はお隣の韓国
最近ではバタークリームだけでなく、お豆のペーストで作るお花デコレーションなども人気です

そんな中で私が作るのは、実はホイップクリーム!
分離し易く、絞っていても絞り袋を握っているだけでも扱いがとても難しいのですが、田舎ではバタークリームの人気が乏しく、みなさんが食べやすい素材でひとつひとつ、手絞りで作っています

今回はチョコレートクリームのケーキが土台ですが、少しクラシックなデザインをイメージしました
昭和の頃のバタークリーム仕上げのケーキでしたり、ウェディングケーキのデザインみたいでちょっぴり懐かしい雰囲気

色んな絞り方、口金が登場します

よくクリームの配合や硬さについてのお問い合わせを頂戴します
クリームは純生ではなく、コンパウンド(植物性と動物性のミックスしたもの)を使用しております
配合比率や硬さについては、私もトライ&エラーでベストを探ってきましたので、是非皆さんにも自分のベストを見つけていただきたいです

また作ったお花の飾り付けについてですが、お花クリームを絞ったあと、デコレーションの前に少しだけ冷凍をしています
これはあくまで「扱いやすくするため」の凍結で、保存のためではありません
長い時間の保存のための冷凍はホイップや純生が本来の美味しさを失ってしまいますのでご注意ください

※家庭用冷蔵庫の冷凍の場合変質の可能性もありますので推奨はし兼ねますが、ご質問が多いため参考に書き添えました

お花はどうやって作られるのか?
クリームの塗り(ナッペ)、盛り付けはどんな感じなの?
などなど
流れに沿ってご紹介しています
最後まで是非、お見逃しなく^^

BGMは私の動画音楽を担当下さっている新潟県十日町市妻有のケーキハウス アプリコットのオーナーシェフ 福原さんご自身の活動するインストギターデュオ、カブリシャスの「Populus」を挿入しています
素敵な音楽も是非お楽しみください^^

応援コメントやご感想を頂けると嬉しいです!
また宜しければ動画へのいいね&フォローも頂けると嬉しいです

パティシエ サガワショーコ

…続きを読む