タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

「‘22 せいせき朝顔市」~第40回ふるさと多摩夏まつり~多摩市・聖蹟桜ヶ丘で7月2日・3日に開催

佐原こお

地域ニュースサイト号外NETライター(多摩市・稲城市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

夏の訪れを告げる風物詩「‘22 せいせき朝顔市」~第40回ふるさと多摩夏まつり~ が、2022年7月2日(土)・3日(日)に多摩市・京王聖蹟桜ヶ丘駅西口周辺で開催されます。

昨年(2021年)開催時の様子
昨年(2021年)開催時の様子

今年も、地元の農家さんが丹精を込めて育てた700鉢もの朝顔が「朝顔市」でならびます。

その中で、品評会用の朝顔も展示されるそうです。

色の違いに加えて、花や葉の形も違う多様な朝顔を見ることができる「朝顔市」ですが、都内の各地で「朝顔市」が開催されています。(本年度中止の場合もあり)

どうしてこんなに開催されるのでしょうか? それは元より江戸の人の園芸熱が過ぎた名残なのかもしれません。

昨年(2021年)開催時の様子
昨年(2021年)開催時の様子

江戸時代に第一次・第二次と園芸ブームが2回勃発!

多様な芸能や文化が発達した江戸時代に著しく民衆の間で湧き上がったのが園芸ブームだったそうで、特に1804年-1830年と1848年-1859年に江戸で朝顔が大流行。

その規模といえば現代のささやかなガーデニングという感じではなく「ハマると家計が傾く」程の規模だったようです。

変種を起こしやすい【朝顔】は、あえてその「変化咲き」を珍重する向きがあったそうで、多大な手間暇とお金をかけて技術を競うクリエイティブかつ、ディープな戦いに発展していたようです。

そんな江戸の朝顔熱に思いをはせながら現代の「2022 せいせき朝顔市」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

昨年(2021年)開催時の様子
昨年(2021年)開催時の様子

多摩市近郊ならではの物産販売も!

そして月・木・土曜日に開催されている、多摩市 一ノ宮の野菜直売所「いきいき市」が、「朝顔市」の日に特別に会場にやってきます。

今回も地元の農家さんが丹精を込めて作った地場野菜の販売を行うそうです。

「いきいき市」のスタッフの方のお話によると、2022年7月2日(土)は本来「いきいき市」を開店する日ですが、朝顔市出店のため一ノ宮の野菜直売所での販売はお休みするとのことです。

2022年7月2日(土)は、聖蹟桜ヶ丘駅西口にお越しください♪

聖蹟ハニーも販売

養蜂を通して学習し活動する、多摩中学校が採蜜した「聖蹟ハニー」が、昨年に引き続き今年も販売されます。

「聖蹟ハニー」といえば、先日6月4日・5日に開催された「KAOマルシェvol.5」でも販売され、地元の和菓子屋さんと「聖蹟ハニー」がコラボをするなど、たいへん話題になっていました。

多摩中学校の学生さんの活躍にも注目です。

昨年(2021年)開催時の様子
昨年(2021年)開催時の様子

第40回記念イベントも実施!

今年、40回目の節目を迎える「ふるさと多摩夏まつり」。

今回は朝顔購入者を対象に「第40回記念イベント」を行うそうです。

内容は「地場野菜のプレゼント」と、「抽選会の実施」なのだとか。

朝顔をお買い求めの方は、特典を忘れずに手に入れる、もしくは抽選をして帰ってくださいね!

第40回 ふるさと多摩夏まつり「2022 せいせき朝顔市」について詳しくは多摩市の公式ホームページをごらんください。

【イベント情報】
名称:「‘22 せいせき朝顔市」~第40回ふるさと多摩夏まつり~
日程:2022年7月2日(土)・3日(日)
時間:8時~13時
開催場所:京王聖蹟桜ヶ丘駅西口周辺
多摩市公式ホームページ(外部リンク)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。