タイトル画像

5月にOPENしたばかり。キャンプ好きが住宅街で始めたキャンプご飯のキッチンカー@さいたま市南区

さいたま下剋上のーと

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

\角煮プレート&マフィンは両方とも試すべき/
コロナ禍でますます燃え上がるキャンプ熱。便利なキャンプグッズは続々出てきているものの、設備の整っていない状況下で次々と映える「キャンプご飯」を作るキャンパーの皆さんには尊敬の念しかありません。

今回訪れたのは、2021年5月に正式オープンしたばかりの「Camp×Camp キャンプキャンプ」さん。

「食肉卸売センター ミートミート 白幡店」の目の前の「セブン-イレブン 浦和白幡6丁目店」の左側、笹目川沿いの道をほんの30歩くらい進んでいくと見える、オリーブ色のキッチンカーが目印です。

個人的にこのブタのイラストがツボ。

山小屋風? な車内もすごくこだわっていて、注文の合間についつい見入ってしまいました。

看板や旗が立っているので、そうそう見逃しはしないと思いますが、普段あまり人通りのない道なので、見つけただけで宝物を発見したかのような感覚です。

お話を聞くと、元営業マンの旦那さんが「キャンプでよく作っていた自慢の角煮でいつかお店を開きたい」という夢を、今回奥さまと叶えたのだそう。

メニューは大きく2つです。
●角煮を使った日替わりのプレート
●選びきれない…全部食べたい変わり種マフィン

角煮は作り込んだだけある、納得の旨さ

訪れた日のプレートは「ホワイトカレーの角煮 チェダーチーズ炙り(¥900税込)」。看板によると「トマトの角煮 モッツァレラチーズ炙り」もあるようです。

最後はバーナーでチーズを炙ってくれるのがプレートのウリ。斜めの角度からちらっと見えるだけですが、ゴーッっという炙りの音に、どうしたって期待が高まります。

角煮がプレートのほぼ半分を占め、存在感を発揮。角煮をひとくち頬張ると、すっと柔らかいのに、トロけすぎずお肉を食べていることを実感できるのが実に好みです。

続いてマフィンも

マフィンは専門店かというほど種類が豊富。しかも、どれもよくある味ではなく変化球ばかりが揃っているので、全部試してみたくなります。訪れた日を例にあげると…

●抹茶&チョコオレオ(残念なことに売り切れでしたが、店頭の写真ではかなり映える一品)
●粗挽き黒こしょうポテト&ベーコン
●ゴロっと角煮トマトモッツァレラ
●ツナマヨ&チーズ
●明太ポテトチーズ
●とろける4種のチーズ黒こしょう
ほかにも公式インスタグラムには
●オレンジ&リッチチョコ
●ホワイトカレーの角煮
●白みそあんクルミ
●ブルーベリーチーズケーキ
●焦がしカラメルプリン
●アールグレイ&クランベリーホワイトチョコ
●エスプレッソキャラメル
●黒ごまなどなど

おかずとスイーツ、両方揃っているので、いろんなシーンで使えそう。今回は角煮つながりで「ゴロっと角煮トマトモッツァレラ」を選択。生地の中にでかい角煮が本当にゴロっと入っていて、食べ応えのあるマフィンでした。時間のない朝にもいいかもしれません。

角煮とマフィン、両方の可能性を感じさせてくれるお店でした。マフィンは新作がどんどん出るようですし、ひとまずもう1種類の角煮プレートも食べてみたい。皆さんもぜひ試してみてください。

Camp×Camp キャンプキャンプ
場所:セブンイレブン浦和白幡六丁目店の裏側。笹目川沿いを武蔵浦和駅方面に30mくらいです。
営業時間:11:30〜18:00
定休日:月曜日
※新型コロナウイルスの影響で、営業時間などが記載と異なる場合がございます。利用時は事前に店舗にご確認ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想