タイトル画像

【あまりの分厚さに思わず測ってしまった】西浦和の専門店でカツカレーをテイクアウト@さいたま市南区

さいたま下剋上のーと

地域ニュースサイト号外NETライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

\看板メニューはピンク色のポークカツが乗ったカレー/
2021年10月・11月と新店オープンが続いた田島通りの西浦和駅付近。10月にオープンしたハンバーガーショップ「SEAGOD BURGER」のお隣に11月20日にオープンしたのがカツカレー専門店「Milo’s spice(ミローズスパイス)」です。

老舗洋食店3代目が考案したカツカレーをコンセプトに開発されたカツカレーで、ある人は悪魔のカツカレー、ある人は天使のカツカレーと呼ぶそうです。

インスタグラムで11月25日からテイクアウトを始めたという話を聞きつけて、早速訪れてみました。白地の壁に黒のアクセントが効いているお店は、東京にあってもおかしくないハイセンスな店舗。

今回はテイクアウト利用のため、入店することはありませんでしたが、店内にはカラフルなスケートボードが飾られ、おしゃれなハンバーガー店やカフェのような印象です。

4人掛けと2人掛けのテーブルが1つずつと、3人掛けのカウンターテーブルがありました。

入口付近には入店前の手指の消毒ディスペンサーが置いてありました。

さあ、いよいよ本題。テイクアウト希望の方向けの、お店のやさしさを感じる情報を【9つ】お知らせします。

【1】テイクアウト専用受付がある!

店内はお昼どきで満席。そういうとき、個人的にテイクアウト頼んでいいのかな…と消極的な気持ちになってしまうのですが、テイクアウト注文の専用窓口があるのは心強いこと。テイクアウト受付は、お店の右側にあります。

【2】見やすいメニュー表がある!

受付の左側には大きくわかりやすいメニューが写真付きで貼ってあります。今回は、看板メニューの「ピンクゴールドポークカツカレー」990円を注文しました。

【3】2021年内はケース代が無料!

テイクアウトの場合はケース代として50円が追加されるようですが、2021年内はサービスで無料だそうです。

【4】待ち時間もあったか!

待ち時間に寒くないようにと、レトロなストーブが置かれていました。

【5】フードロス削減に貢献!

店内の利用客によって多少の調整はあるようですが、テイクアウトは限定10食!

というのも、食品ロスをできる限りなくすよう、そして価格を抑えるよう、毎日一定量しか製造しないのだそうです。ランチタイムもディナータイムも売り切れ次第終了なので、食べたい方はお早めの来店をおすすめします。

【6】すぐに食べられる!

テイクアウトには、専用ケースに入ったカツカレーのほか、スプーン、お箸、おしぼり、カツレツソースがひと通り付いてきました。

蓋を開けると、こんな感じ。ご飯の上に大きく分厚いカツが4切れ乗っていました。

【7】辛さが苦手な人でも食べやすい!

さらっとしたカレーは辛味が苦手でも問題なく食べられてしまう甘口ベースでした。

※辛さが物足りない人向けのお店独自のオリジナルスパイスは店舗にしか置いていないため、テイクアウトを利用される方はご自宅の辛味スパイスを入れるなどの調整は必要です。

【8】とにかく肉が柔らかい!

最初に注目すべきは肉の分厚さ。思わずメジャーを取り出して測ったところ、2センチを優に超えていました。そして画像からはちょっとわかりづらいのですが、一瞬レアなのかな、と疑ってしまうピンク色。

これは大麦三元豚肩ロース塊肉を専用の低温熟成器で12 時間以上芯までゆっくり加熱したから出せるカラー。究極の柔らかさを店主が追求した結果は、カツに噛みつけばわかります。こんなに分厚いのに、すっと噛み切れてしまい、しつこい脂っぽさも感じませんでした。

【9】訪れやすい!

店舗裏には「鮨ダイニング松雪」「シーゴッドバーガー」「ミローズスパイス」3店舗共通の3台分の駐車場があります。

店前には駐輪場も。自動車でも、自転車でも訪れやすいです。

Milo’s spice(ミローズスパイス)
住所:埼玉県さいたま市南区四谷1-4-1(もともとI・Sタジマというクリーニング屋さんのあった場所です)
電話番号:048-617-0295
営業時間:火~金 ランチ11:30~SOLDOUT
土日  ランチ11:30~SOLDOUT/ディナー17:30~SOLDOUT(※つまり土日のみディナー営業を実施)
定休日:月曜日
※新型コロナウイルスの感染状況により、営業時間・定休日は変更になっている可能性があります。
※記事内の価格はすべて税込みです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想