タイトル画像

How to

  • いいね

「捨てられない」を卒業しよう!服を手放す7つの基準

sakko

大人の一人暮らしコーディネーター/整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

年末までにすっきりさせたいクローゼットの中。だけど、なかなか服が捨てられない!とずっと悩んで、服を持ち続けていませんか?

「捨てられない」を卒業するためのヒントとなる、服を手放す7つの基準をご紹介します。ぜひ参考にして下さいね。

1.汚れやシミがある

よく見ると、取れないシミや汚れ...。
お気に入りの服ならシミ取りをしたり、クリーニング店で相談をしましょう。それでも取れないようなら、買い替え時のタイミングなんだと潔く手放して。

2.サイズや丈が合わない

サイズがきついと苦しいし、大きすぎるとウエストがズレてきて、一日中気になってしまいますよね。それに、自分の体型に合っていないサイズは、シルエットが美しくみえないものです。

丈にも流行りがあったり、年齢を重ねるごとに似合うものが変わってくるから、今の自分はもう着れないなと思うものは手放す候補に。

3.着心地がよくない

チクチクと肌触りの良くないニットや、動きにくいデザインの服。痒くなったり、動くたび気になってしまう服をずっと着ているのは、ストレスになってしまいます。

次買う時は、肌触りや動きやすいかを確認するようにしたら、段々と買い物の失敗も防げるようになりますよ◎

4.組み合わせる服がない

単品では可愛いのに、コーディネートできるものがない服がクローゼットに眠っていませんか?どうしても着たいなら、合わせる服を買いに行きましょう!合わせる服が見つからない場合や、そこまでするほどでもない場合は、持ち続けることに、一旦区切りをつけて。

5.着る機会がない

仕事やライフスタイルが変わったり、トレンドが終わって着る機会のない服。持っていても今後、出番がない服はこの機会に手放して。

6.その服を着ているところを見られたくない

まだ着れるけど、毛玉がついていたり生地が薄くなっていたり。その服を着ているところを誰かに見られたくないな...と思う服も手放す候補。つい、部屋着にまわしがちですが、部屋着が増えすぎていませんか?

部屋着もお気に入りの服にしたほうが、おうち時間を気分良く過ごせますよ♪

7.いつか着るかも?と何年も置いたまま

いつか着るかも?とずっと悩んで何年も置いている服。このように悩んでしまう原因は、「今着ていないから」判断出来ないことがほとんどです。だから、一度その服を着て鏡の前に立ってみて下さい。

そして、なぜ着ないのか?という理由を問いかけて下さい。可愛いけど、丈が短くて今っぽくない...、今の自分には首の開き具合が大きくて気になる。など小さな理由に気付けます。そうすることで、着ない理由が明確になり納得して手放しやすくなりますよ。



年末年始のセールで服を買い足す前に、今持っている服の整理をしておきましょう!

sakko|一人暮らしの整理収納アドバイザー
整理収納や一人暮らしに役立つ情報を
フォロワー16万人超えのインスタグラムやYOUTUBEでも発信しています。

▷Instagram @white_room_3
▷YOUTUBE sakko大人の一人暮らしレシピ

シェア

いいね

コンテンツへの感想