タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

毎日のイライラ解消!狭いクローゼットをすっきりさせる5つのコツ

sakko

大人の一人暮らしコーディネーター/整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

服がぎゅうぎゅうに詰め込まれたクローゼットを見るたび、イライラして毎日のストレスになりますよね。

収納スペースには限りがあるので、服の量を減らすことは必須ですが、それ以外にもできるクローゼットをスッキリさせる5つのコツをご紹介いたします。

1.スリムハンガーを使う

厚みのあるハンガーは、横幅をとるためどうしても狭く感じてしまいます。スリムハンガーで揃えて統一するだけで、横幅を有効活用できる上に、見た目もすっきり!

そして、縦に連結できるタイプのハンガーもおすすめ。引っ掛けるだけで、縦に重ねていけるから横幅の狭いクローゼットで大活躍しますよ◎

2.立てる収納にする

引き出しの中は、服を畳んで「立てて収納」すると収納力アップ!ひと目でどこにあるか見えるので、探しやすくなって時短にも繋がります。

上の服をどけて下の服を取り出すたびに、引き出しの中が乱れてしまう…!という方におすすめです。

3.厚みのある服を減らす

ルームウェアや冬のニットなど、ふわふわで厚みのある服がたくさんある場合は、思い切って「持つ数を絞る」ことも大切。厚みのある服が多いほど、収納スペースを圧迫してしまいます。

どうしてもそれ以上減らせないときは、圧縮袋を使ってしまいましょう。

4.重ねる・まとめる

オフシーズンの服は、今すぐ触ることがないので、一本のハンガーに重ねて収納。例えば、ワンピースとアウターを重ねるだけで、ハンガー1本分スリムになります。

湿気が気になるときは、たまにクローゼットから出して、風通しの良い場所に置いておきましょう◎

使用頻度が低いバッグに、小さなバッグを入れてまとめれば、収納スペースのスリム化に繋がります。

重ねる、まとめるテクニックをうまく活用するだけで、コンパクトにすっきりしますよ。

5.ほかの収納スペースを活用

クローゼットの中にすべてのものを詰め込みがちですが、ほかの場所に移動させられないか、よーく考えて。

例えば、ベッド下収納を使ったり、使わないモノが何年も置いてある収納スペースを見直せば、クローゼットの中のものを移動させられるかも。そうしたら、クローゼット内に余裕が出来て、服をゆったり置けるようになることもあります。

そのほかに、クローゼットのドアにハンガーフックをかければアウター掛けにできます。


狭いクローゼットでも、少しの工夫ですっきり使いやすくすることは可能です。狭いからと諦めないで、ハンガーを揃えるところからでも、ぜひ始めてみて下さいね。

sakko|一人暮らしの整理収納アドバイザー
整理収納や一人暮らしに役立つ情報を
フォロワー16万人超えのインスタグラムやYOUTUBEでも発信しています。

▷Instagram @white_room_3
▷YOUTUBE sakko大人の一人暮らしレシピ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想