タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

今すぐマネしたい!片付け上手な人がしない3つのこと

sakko

大人の一人暮らしコーディネーター/整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いつも部屋をきれいにしている人がしないことって、実は共通しているんです。少しでも早く片付け上手に近づくために、「3つのしないこと」を知って、毎日の生活に取り入れていきましょう!

1.溜めない

買ってきたものを紙袋に入った状態で放置したり、取り込んだ洗濯物をそのままにするなど、片付けを溜め込まない。”その場で片付ける”を続けることで、きれいをキープしているのです。

帰ってきて手洗いをしたら、すぐに買い物したものを片付ける...など日々の習慣をつけることで、溜め癖がなくなってきます。まず最初は、意識的にその場で片付けることをひとつでもいいので、やってみましょう◎

2.積み上げない

郵便受けに入っていたチラシやDM、書類をテーブルの上に積み上げたり、引き出しの中の服を上から重ね入れて積み上げることをしない。積み上げるほど、探し物に時間がかかり、持ち物の把握ができなくなってしまうからです。

あとで処理しようと思っている紙類や引き出しの中の服などは”立てて収納”することで、見た目もすっきり!ひと目で何がどこにあるか把握できる上に、立てることで収納力もアップします。

3.床置きしない

ひとつずつモノの住所を決めているため、床置きをすることをしない。一時的に置いたとしても、元の場所に戻す習慣があるため、床にモノが溢れることがほとんどありません。

床置きの原因は、モノの量が多すぎること戻す場所が決まっていないこと。必要なモノだけに絞って、ひとつずつモノの住所を決めていきましょう。


溜めない、積み上げない、床置きしないを実現するために...
①不要なモノを手放す
②モノの住所を決める
③立てて収納する
④戻す習慣をつける

ひとつづつ取り入れたら、片付け上手への近道ですよ。

sakko|一人暮らしの整理収納アドバイザー
整理収納や一人暮らしに役立つ情報を
フォロワー16万人超えのインスタグラムでも発信しています。
▷Instagram @white_room_3

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想