タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【賃貸暮らし必見】カーテンフックがついていない時の対処法

sakko

大人の一人暮らしコーディネーター/整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

入居したらカーテンフックがついていない家だった!


賃貸暮らしだから、はがす時に跡が残りそうなフックはつけられない...。実は、私自身がそういう状況になりましたが、いい対処法があったのでシェアさせて頂きます♪


整理収納やインテリア、暮らしに役立つアイテムについて
インスタグラムでも発信しているので、よかったらチェックしてくださいね↓
Instagram▷sakko一人暮らしの整理収納アドバイザー

1.マグネットふさかけを使う

KEYUCAのマグネットフック
KEYUCAのマグネットフック

KEYUCAで見つけた、カーテンに挟むだけのマグネットふさかけ。価格は約700円前後で、色のバリエーションもありました。

カーテンの端にマグネットふさかけをつけた状態。
本来ならカーテンフックが付いている高さあたりに設置するといいですよ◎

あとはこのフックにお持ちのカーテンホルダーをつけるだけ!カーテンに馴染む色のふさかけを選べば、目立つことも浮くこともないので、とってもおすすめです。

ぜひKEYUCAで見つけてくださいね。

2.カーテンホルダーを使う

こちらの輪っかは、ウッド素材のカーテンホルダーです。輪っかを動かすと切れ目が開くようになっているので、カーテンをこのまま挟むことができるんです。

フック自体がいらず、見た目にもおしゃれな雰囲気に
こちらは楽天で販売されています。

ほかにもタッセルなどフック入らずのアイテムもあるので、賃貸暮らしで粘着フックの取り付けが出来ないという場合は参考にしてみて下さいね。

sakko|一人暮らしの整理収納アドバイザー
整理収納や一人暮らしに役立つ情報を
フォロワー16万人超えのインスタグラムやYOUTUBEでも発信しています。
▷Instagram @white_room_3
▷YOUTUBE sakko大人の一人暮らしレシピ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想