タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

いよいよ梅雨!今のうちにしておきたい、クローゼットの湿気対策

sakko

大人の一人暮らしコーディネーター/整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

整理収納アドバイザーsakkoです。

いよいよ梅雨。じめじめとした湿気が気になる季節ですよね。今のうちにしておきたいことと言えば、クローゼットの湿気対策です。

クローゼットを開けたらカビが発生していた!なんていうことを防ぐために、今すぐできる5つのことをご紹介します。

1.服をぎゅうぎゅうに詰め込まない

クローゼットの中で、服がぎゅうぎゅうに詰め込まれているほど湿気が溜まりやすくなります。目標にしたいのは、ハンガーとハンガーの間に数センチの余白を保つこと。

空気の通り道を作ってあげることで、湿気を防ぎやすくなります。しばらく着ていない服はありませんか?この機会に持ち服を見直して、服の量を減らしてみましょう。

2.服が乾いてからクローゼットに入れる

すぐに洗濯しない服や半乾きの服をクローゼットに入れると、湿気を持ち込むことになってしまいます。しっかり乾かしてから、しまうことを常に心掛けましょう。

クローゼットの扉にドアハンガーを掛けておけば、一時的に服を乾かす場所を確保できますよ♪

3.クローゼット内のほこりを取る

普段は意外と手をつけていないクローゼット内の掃除。ほこりが溜まっているとカビの栄養源となり、カビの発生に繋がることもあります。

衣装ケースなどを一度出して、ほこりを取り除いておきましょう。クローゼットの角や衣装ケースの下にほこりが溜まっていて、結構びっくりするかも!?

4.除湿剤を使う

クローゼットに吊るすタイプの除湿剤
クローゼットに吊るすタイプの除湿剤

衣装ケースなどに入れるタイプの除湿剤
衣装ケースなどに入れるタイプの除湿剤

湿気対策に欠かせないアイテムと言えば、除湿剤。バーに吊るすタイプや衣装ケースに入れるタイプのものがあるので、自分のクローゼットに合うものを選んでみて下さい。

湿気は目には見えませんが、除湿剤が水分を含んで変化していくので、湿気が多いことに気付けますよ。

この時に、防虫剤も併用しておくと虫食いも防げますよ◎

5.換気をする

クローゼットの扉を開けて、換気をすることが大切です。

部屋の窓を開けて自然の風を入れたり、扇風機やサーキュレーターを使って風を送っても大丈夫。

普段は閉めっぱなしにしているからこそ、扉を開けておく時間をしっかり作りましょう。


あなたの大切な衣類を守るために、クローゼットの湿気対策を試してみて下さいね。

sakko|一人暮らしの整理収納アドバイザー
整理収納や一人暮らしに役立つ情報を
フォロワー16万人超えのインスタグラムやYOUTUBEでも発信しています。
▷Instagram @white_room_3
▷YOUTUBE sakko大人の一人暮らしレシピ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。