タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

いつでも人を呼べる家に!押さえておきたい3つのポイント

sakko

大人の一人暮らしコーディネーター/整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

急な来客にも慌てず、いつでも人を呼べる家にするなら、押さえておきたいポイントは3つ!

普段から意識しておけば、恥ずかしくて人を呼べない...という悩みも解消されていきます。ぜひ参考にして、取り入れてみて下さいね。

1.玄関をすっきりさせる

家の第一印象となるのは、玄関です。

玄関がすっきりしていれば、毎日出入りする自分自身はもちろん、来客したお客様も気持ちいいものです。

・シューズボックスの上は、必要最低限の物に絞る
・靴は出し過ぎず、一足だけにする
・玄関のたたきを掃除しておく


これだけで、かなりすっきりした印象になりますよ◎

2.洗面所とトイレを清潔にする

洗面所は、手洗いのために使ってもらう場所。ここがきれいだと「清潔感のある家だな」と好印象に。

・鏡の汚れを拭く
・落ちた髪の毛を拾う
・水垢の掃除をする

これらを普段から習慣化しておけば、いつでも清潔な状態を保つことが出来ます。また、来客用にゲストタオルもしくはペーパータオルを用意しておくと、より親切ですね。

トイレも使ってもらうことが多い場所。

・トイレ掃除を念入りにする
・床掃除も忘れずにする
・いい香りがする芳香剤を置く

トイレの広さに関係なく、清潔感のある印象が一番大切です。公共の場でも、トイレがきれいだといい印象になりますよね。

洗面所とトイレの2か所の水まわりは、普段からマメに掃除する習慣を取り入れて、清潔な状態をキープできるようにしておきましょう◎

3.テーブルの上と床の物を置かない

リビングに入って目に入りやすいのが、テーブルの上と床。ここに物が出しっ放し、物が多すぎると、どうしても散らかった家という印象になってしまいます。

・物の置き場所を決め、戻す習慣をつける
・一時的に入れるボックスを用意しておく

普段から、使ったら定位置へ戻すのが一番の理想ですが、忙しい時はなかなか難しいですよね。そういう時は、一時的に出しっ放しの物を入れるボックスを利用したら回避できますよ。


いつでも人を呼べる家にして、大切な人との楽しい時間をたくさん過ごしてくださいね。

sakko|一人暮らしの整理収納アドバイザー
整理収納や一人暮らしに役立つ情報を
フォロワー16万人超えのインスタグラムやYOUTUBEでも発信しています。
▷Instagram @white_room_3
▷YOUTUBE sakko大人の一人暮らしレシピ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。