タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【ガーデニング】絶対知っておきたい、ありがちな『失敗する』ペチュニア、カリブラコアの植え付け方法

sakura

ガーデニングYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

桜の開花も聞こえ、春が来た♪
雪が残る地域の方ももうすぐ春♪
待ち遠しいですね。

3月になると早い地域では
店頭にペチュニア類が並びます。

ペチュニアは耐寒温度が0~5度位の
非耐寒性植物です。

春から秋まで長い間楽しめる優秀なお花ですね。

意外と知られていない!? お花の連作障害

昨年、地植えで株幅70センチ超のPW スーパーチュニアビスタミニ ブルースター
昨年、地植えで株幅70センチ超のPW スーパーチュニアビスタミニ ブルースター

家庭菜園で野菜を育てている方は
ご存じの方が多い「連作障害」という言葉。

同じ場所で栽培していると生育が悪くなったり、
病気になりやすく、収穫量が減るので、
毎年、植え付ける場所や種類を変えましょうね、
というものです。

連作障害を気を付けたいのは
ナス科、ウリ科、アブラナ科の植物です。

ナス科の野菜は ナス、トマト、ピーマンなど、
超メジャー級のお野菜たちですね。

連作障害 どういうこと?

同じ科の植物を植えることで
土の中のバランスが崩れる、
栄養、虫、病菌がかたよる、
栄養素欠乏から病気になりやすくなる、
その品種に住み着く生物が同じで
菌、虫害にあいやすくなる、ということです。

『失敗する』ペチュニア、カリブラコアの植え付け方法とは

昨年夏の長雨に合ってもすぐに復活したPW×コメリのタフチュニア
昨年夏の長雨に合ってもすぐに復活したPW×コメリのタフチュニア

もうおわかりでしょうが
ペチュニアやカリブラコアはナス科の植物です。

今の時期、お店に並ぶ植物ではないですが
カラフルな観賞用唐辛子もナス科になります。

せっかく苗を買ったのに
昨年と比べて育ちが悪い、
花が少ないよね?
最悪の場合、枯れてしまった

なんてことにならないために
やるべきたった一つの方法は

『新しい土を使う』です。

鉢植えなら、新しい培養土を買ってきて使う
植え替えで鉢増しするときも
古い土を鉢に戻すのではなく、
新しい土を追加する、

地植えの場合は、昨年とは違う場所に植える

これだけです。

こういうのもダメ

昨年カリブラコアを植えたところに
ペチュニアを植えるのもダメ、

鑑賞用唐辛子を植えたところに
カリブラコアを植えるのもダメ、なんですよね。

連作障害に気を付けたい花

昨年夏の庭より 渋めのニチニチソウ 涼しげでよかった
昨年夏の庭より 渋めのニチニチソウ 涼しげでよかった

これから夏に向けて植える花で
連作障害が出やすいものに、

ニチニチソウ(ビンカ)や千日紅があります。

夏の花 アンゲロニアと一緒に。 連作障害に気を付けたい千日紅
夏の花 アンゲロニアと一緒に。 連作障害に気を付けたい千日紅

これらはナス科ではありませんが、
連作障害が出やすいと言われています。

どちらも暑い夏に
盛大に咲いてくれる品種
これがうまく咲かないことほど
悲しいことはありません。

ぜひ、昨年とは違う場所に植えて楽しんでください。

3、4月上旬 ペチュニアを植えたら気を付けたいこと

春のウキウキ感もあり、早いかなと思いつつ
ペチュニアつい買ってしまった、
という方もいらっしゃるのでは。

気温管理

気を付けていただきたいのは
今、店頭で花を付けて売られている苗は
温度管理されたハウス育ち、ということです。

いきなり、夜の気温が低くなる環境に置くと
枯れてしまうこともあるかもしれません。

気温が定まりにくいこの季節、
夜は軒下や玄関先などで
様子をみてあげてください。

害虫対策

ペチュニアやカリブラコアは
なめくじ害に合いやすいです。
なめくじ対策もお忘れなく。

私はこの誘引殺虫剤を使っています。
すぐに効果が出ますし、
比較的気持ち悪くありません。

フマキラー ナメクジカダン誘引殺虫剤

2022年3月の様子 すでに8号に植え替えた冬越しした、ももいろハート
2022年3月の様子 すでに8号に植え替えた冬越しした、ももいろハート

まだ新しい今年の苗は買っていませんが
先日、冬越ししたペチュニア、大好きな
サントリーのサフィニアアート ももいろハートを
植え替えましたよ。

さすがに福岡も寒い時期は
氷点下になることもあります。

冬越ししたペチュニアとカリブラコアは
外ですが、軒下でサンデッキと玄関の間という
寒い風が吹きつけない場所で冬越ししました。

昨年のペチュニアたちの様子。

2021年7月の様子
2021年7月の様子

今年もPW(ピーダブリュ)、プルーブンウィナーズの花苗アンバサダーをさせていただけることになりました。

2021年にアンバサダーで育てた品種に加え、2022年にわがやに仲間入りする品種たちを引き続き、Yahoo!クリエイターズ や YouTubeで紹介します。

Yahoo!クリエイターズのこちらのアカウントも
ぜひフォローをお願いします。

春がやってきました。
たくさんの花と緑、今シーズンも
ガーデニングを一緒に楽しんでいきましょう!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。